YOKOHAMA AIRLINE MODELS

蒐集した3400機のエアラインモデル(カーゴ含む。ダイカスト製、プラスチック製)について掲載していきます。エアライン専門でミリタリーはないので、ご注意ください(軍用転用は含む。例 エアフォース・ワン)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつも同じ位置で撮影しているので、本日は撮影アングルを変更してみたのですが、元々カメラ任せなので、Vietnamのカラーがかなりブルーが強調されて映っています。

ただ、herpaのモデル自体のカラーも従来のVietnamの製品のカラーよりは少し明るい感じに変わっています。

話がいきなり横道にそれてしまいましたが、要するにA350XWBがやはり大きい、と言いたかっただけのことです。

A350XWBの座席数は、314~366席のようで、さすがに次の写真のA340-600の380~440席はカバーしきれませんが、A340-500の313~359席は完全にカバーしてしまっています。

これで従来の4発エンジンから2基エンジンでいけるのですから、相当のコストダウンでエアラインはA350XWBに変更するのも当然だと思います。

ただ、個人的にはA340-600はできるだけ長く飛んでもらいたいと思いますが、A380とA350XWBが普通に飛んでいると、お客さんから「なぜ、搭乗機がA340-600なんだ!?」と苦情がきそうですね。

将来的にはA340-600は貨物機に改造されるのでしょうか?
モデル的には1:500のA340-600と1:400のDC-8-71Fは主翼先端の違いを除けば、とてもよく似ています。

(掲載モデル:Vietnam Airlines A350XWB & SOUTH  AFRICAN A340-600 ともにherpa 1:500)
P1000794(1).jpg
P1000800(1).jpg
P1000804(1).jpg
P1000806(1).jpg
スポンサーサイト
Fly Teamさんのサイトを見ていたら、中部国際空港にB727が来ていた写真がアップされていて驚きました。

サイズからみて、-100だと思いますが、エンジンが換装されていて、ウィングレットも装着されていました。

AIRLINERSNETをレジN800AKで辿ると、1979年のAmericanの写真までさかのぼりました。実に36年前ですね。

Weststar Aviationの所有機のようですが、チャーター機でしょうか。
機体の塗装はローヤル・ヨルダンによく似ています。
 
さすがにAmericanのB727-100のモデルは持っていないので、代わりにPAN AMのモデルの写真を掲載しました。

最近はB727を題材にしたブログを掲載する機会はなかなかありません。

本当に珍しい写真をアップしていただき、KAKOさん他のみな様、ありがとうございました。

(掲載モデル:PAN AM B727-100 1:400 メーカー不詳)

エアポートジオラマスタジオは年末年始も通常通りオープンしていますので、一応、ホームページをご確認の上、

お時間があればお越しください。お待ちしています。


P1000780(1).jpg
P1000784(1).jpg
transaviaはエールフランス-KLM連合傘下のLCCです。
AIRLINERSNETで検索すると、旧塗装は2006年から続いていましたが、2015年から新塗装に変更されています。

とにかくLCCは一般に保有機材も少なく、目立たないとならないので、大手のエアラインと比べると、比較的頻繁に塗装変更が行われます。

さすがにこうして2機並べてみると、やはり新塗装(写真右)はあか抜けしているなと思います。

ちなみに旧塗装のモデルを購入したのが2007年なので、その時は「transaviaの新塗装」として購入したのだと思います。

(掲載モデル:transavia B737-800W 新旧塗装 ともにherpa 1:500です)

ホームページにリンクを貼っている“妻に内緒でスキポール”のブログは私の手抜きブログとは比較できないほど手の込んだ作品ですので、ぜひご覧ください。このブログのリンクからも遷移できます。

エアポートジオラマスタジオをオープンして、エアラインモデルのコレクター間に横のつながりがないことを寂しく思っていましたので、とてもうれしく思っています。

他にもエアラインモデルのブログとかホームページを持っていて、リンクを貼ってもいいよ、という方がおられましたらご連絡ください。

年末年始のエアポートジオラマスタジオの営業は、通常通りの予定です(年末30日まで、年始は1日からオープン)。
一応、ホームページをご確認の上お越しください。お待ちしています。

P1000774(1).jpg
P1000775(1).jpg
モデルが発売された当初は強烈な個性的な色使い、デザインにインパクトを受けましたが、最近はやや食傷気味だったS7にA319のoneworld塗装のモデルが発売されました。

脂濃い食事の後のさっぱりしたデザートのようで、気に入って購入してしまいました。
本当にいいセンスだと思います。

先日、エアポートジオラマスタジオにやっと飛行機好きなお子様が遊びに来てくれました。
純粋に喜んでくれるのがうれしくて、herpaの旧ギアですが、1機プレゼントしてしまいました。

飛行機好きなお子様をお連れになられた場合、herpaの旧ギアが無くなるまで、このプレゼントを続けようと思います。

中学生以下は入場料無料プラスherpaの旧ギア1機プレゼントですので、ぜひ飛行機大好きなお子様をお連れになってください。お待ちしています。

(掲載モデル:S7 通常塗装 B737-800W inflight 1:500 A319 oneworld塗装 AeroClassics 1:400)
P1000761(1).jpg
P1000765(1).jpg
P1000748(1).jpg
P1000753(1).jpg
12月7日のブログで文章だけ記載していたタイトルのモデルの写真を掲載しました。エアラインモデルのファンの方で、このユニークな機体デザインをご存知でない方はまずいないとは思いますが、念のために写真を掲載しました。

やはり他のエアラインにはないこのユニークな機体デザインは、存在感があり、この割り切りはある意味立派だと言わざるを得ません。

また、ANA批判のようになってしまいますが(というか半分は全日空商事の製品価格が高いことへの逆恨み?)、Jetstar、scoot、そしてこのnorwegianとB787はもはや世界ではLCCが運用している航空機です。

ローンチカスタマーとしてご苦労されたことはよくわかりますが、いつまでも特別な飛行機のようなイメージを与えるようなことはやめた方がいいと思います。

月刊「エアライン」に広告を掲載してから、さすがに認知度が高まってお客様が増えて、うれしく思っています。

ただ、1:200の展示品の処分をホームページに掲載した時から、ある程度は予想していたのですが、日本のエアライン、特にJASに人気が集中してほとんど売れてしまいました。

JAL、ANAなど他の日本のエアラインはまだ多く残っていますが、ご来店の際にはできれば、もう少し海外のエアラインの製品にも目を向けていただけると有り難いと思います。よろしくお願いします。

(掲載モデル:Norwegian Air Shuttle B787-8 phoenix 1:400)
P1000684(1).jpg
P1000689(1).jpg
政治情勢に疎い私には全く理解できないのですが、本日写真を掲載した2機は、要するに中国の新華社通信と人民日報のようです。

何故共産党一党体制の中国で、新華社通信と人民日報の二つメディアの必要性があるのかわかりませんし、さらに何故お互いに広告塗装の飛行機を飛ばさなければいけないのかもわかりません。

さらに、何故AIR CHINAではなくて、中国東方航空なのかも全く理解不能です。

この辺りの事情がお分かりになる方がおられたら、ぜひご連絡ください。ブログでご紹介させていただきます。

それにしても、Xinhuanet.comのデザインは、はっきり言って「いただけない」、と思います。
「いただけない」ものをなんで買うのかと言われるかもしれませんが、デザインが良くないものといいものを比較してみて「やっぱりいい」と納得できるものです。

それとデザインの良し悪しの判断はお国によって多少違ってくるものです。
日本人から見ると「何だこれは!」と思うあのnorwegianも海外のサイトでは普通に売れているようです。
エアポートジオラマスタジオにも「う~ん」と思いつつ、6機のnorwegianのモデルが並ぶようになってしまいました。
しかし、あの機体デザインの「潔さ」はある意味立派だと思います。 

Xinhuanet.comと比較すると、people.cnの方はきれいな塗装の部類に入ると思います。

(掲載モデル:中国東方航空 A330-300 Xinhuanet.com phoenix 1:400  同 people.cn SKY 1:500 )

月刊「エアライン」の新年号にエアポートジオラマスタジオの広告を掲載しました(089頁)。
出稿の時には間に合わなかったのですが、ホームページに、1:200のモデルの展示品処分のお知らせを掲載しています。 
エアラインモデルは1:200が主流の時代ですが、場所を取って思うような展示ができないので、手放すことにしました。

販売価格は「適正価格より少し安目」に設定したつもりです。ぼちぼち売れています。

人手がなくかつ小心者故ネット取引のトラブルが嫌で、店頭での販売に限定しています。お越しになれる地域にお住まいの方は、ほとんどが一点物ですので、この機会にぜひ早めにお越しください。お待ちしています。
P1000679(1).jpg
P1000680(1).jpg
P1000699(1).jpg
P1000704(1).jpg
11月29日のブログで「最初にこの流行のデザイン、機体前部は白色で機体後部下部から垂直尾翼にかけてエアラインのカラーに塗り上げられていくもの、を取り入れたのは、アシアナ航空ではないかと思います。
あの茶色とグレーの混ざったような機体一色からの変更はかなりのインパクトがありました。」と記載したのですが、本日はそのアシアナ航空の新旧塗装B747―400の写真を掲載しました。

AIRLINERSNETを検索すると、2007年にこの塗装変更を実施しているので、やはりかなり早い時期にだと思います。

細かいことを言うと、ロゴも「Asiana」→「ASIANA AIRLINES」に
変更しています。

もし、アシアナ航空よりも早く同様の塗装変更を実施しているエアラインをご存知でしたら教えてください。

(掲載モデル:ともに1:400です。ASIANA AIRLINES B747―400新(phoenx)旧(herpa)塗装)

月刊「エアライン」の新年号にエアポートジオラマスタジオの広告を掲載しました(089頁)。
出稿の時には間に合わなかったのですが、ホームページに、1:200のモデルの展示品処分のお知らせを掲載しています。 
エアラインモデルは1:200が主流の時代ですが、場所を取って思うような展示ができないので、手放すことにしました。

販売価格は「適正価格より少し安目」に設定したつもりです。
人手がなくかつ小心者故ネット取引のトラブルが嫌で、店頭での販売に限定しています。お越しになれる地域にお住まいの方は、ほとんどが一点物ですので、この機会にぜひ早めにお越しください。お待ちしています。
P1000743(1).jpg
P1000743(2).jpg
P1000747(1).jpg
P1000747(2).jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。