YOKOHAMA AIRLINE MODELS

蒐集した3400機のエアラインモデル(カーゴ含む。ダイカスト製、プラスチック製)について掲載していきます。エアライン専門でミリタリーはないので、ご注意ください(軍用転用は含む。例 エアフォース・ワン)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日8月1日から仮オープンすることができそうです。
今日掃除をして何とかお客様をお迎えできるようになったかな、と思います。

といっても元々几帳面な性格ではないので、この暑さの中これ以上やる気がしないと言った方がいいと思いますが・・・

まだ、HPができていないので、お客様が来られることは期待していませんが、結局、退職して1年半以上時間に拘束されない気ままな生活をしてきたので、果たして本当に予定の時間オープンしていられるか、試運転してみるといったところです。

掲載したモデルは最近発売された1:200のB720です。
私の記憶が正しければ1:200のダイカストモデルでB720が発売されたのは初めてだと思います。

1:200になると、さすがにB707との大きさの違いがはっきりします。
もし、ご興味があれば見に来てください。

施設の所在地等は7月18日のブログをご覧ください。
(掲載モデル:PAN AM B720 1:200 WESTERN MODEL)

P1000406(1).jpg
スポンサーサイト
結構事前のセッティングが大変でした。各サイズのエアポートのジオラマにそれぞれどのモデルを置くか、GSEは何にするか、ボーディングブリッッジは・・・とか、一昨日ほぼ準備に半日かかりました。

昨日撮影に来てくれたのはカメラウーマンの方、しかも美人さんでした。

しかし、さすがプロですね。私などは自分で撮影する時はAI任せ、三脚使用、セルフタイマーモードですが、彼女はでかいレンズの付いたでかいカメラで三脚も使わずにバシバシ撮っていました。
あれで何で手振れしないのか、カメラど素人の私には不思議でした。

掲載した写真はそのセッティングの一部を本日私が撮影したものです。
もう、セッティングを変更する気力がないので、オープン時までこのままにします。

8月1日からオープンしますので、どのようなセッティングになっているかお楽しみに!(というほどまじめに考えたものでもないですが・・・)
施設の所在地等は18日のブログをご覧ください。
(掲載モデル:CATAHAY PACIFIC A350 1:200 EAGLE 最近雨後の筍のように1:200のメーカーが生まれているのでついていけません)

P1000400(1).jpg
8月1日からオープンするところには、ところどころ質問コーナーを用意しました。

掲載した写真は、ライトフライヤーに始まってエポックメーキングな(というほどでもないモデルも入っていますが)飛行機のモデルを時系列で並べて、「発展の過程を説明できますか?」という質問のコーナーです。

私自身はエアラインのモデルには詳しいつもりですが、飛行機自体に詳しいかというと、そうでもないので、少しピントがはずれているかもしれません。

ただ、モデルに関する質問については、かなり難易度が高い(と私は思っている)ものもありますので、「エアラインモデルについては任せておけ!」という方は、挑戦してみてください。

前回記事のお子様コーナーですが、ハワイ旅行に行っていた娘のお土産、エアフォースワンのぬいぐるみ(普通のぬいぐるみかと思っていたら握ったらジェットサウンドがして驚きました。でも、どう見ても電池交換はできなそうなので、いずれ普通のぬいぐるみになります)、エア・カナダの飛行機のレゴ(最後にシールを貼るようですが、シールを貼ってしまったらレゴでなくなる?)、ハワイアンのPull backして手を離すと前進し、ジェットサウンドとライトが点滅する子供向け飛行機の玩具が加わりました。

この仕掛けは大人向けのモデルに使うとエアポートジオラマがもっと楽しくなると思いますので、“イワヤ”さんあたりに製品化をお願いしたいところです。

所在地、営業時間などは18日の記事をご覧ください。
こんなに暑いと気安く「遊びに来てください」とは言えませんが、冷房を効かせてお待ちしています。
P1000389.jpg
8月1日からオープンするところには掲載した写真のように、お子様が遊べるコーナーも作りました。施設の所在地等は18日のブログをご覧ください。

写真でおわかりいただけると思いますが、DisneyのPlanesの玩具とかANA、JALのB787、飛行機と地上車両のセットがあります。

また、DELTAの空港ジオラマセットがあるのですが、ANA、JALのセットと比較していただくと明らかなように、これがどうして子供向けの玩具として販売できたのか不思議なくらい精巧な出来です。

飛行機をherpaの1:500と交換すれば、十分大人向けの空港ジオラマになります。
という訳で、これだけは地上車両などをお子様が口に入れてしまう可能性がありますので、保護者の方は注意してください。

高価なデスクトップモデルを揃えることは無理ですが、ライトフライヤーに始まって入手可能な機種は全て網羅しているつもりです。

現在空港で見られる機種はB787やA320などほんの20機種程度だろうと思いますが、コンコルドはじめ過去には様々な飛行機が存在したことをお子様に学んでいただけるいい機会だと思います。

ちょうど夏休みですし、お時間があればお子様を連れて遊びにいらしてください。
中学生以下は入場無料です。
1708-1 012
1708-1 016
1708-1 019
1708-1 022
1708-1 025
18日のブログでご紹介したスタジオ兼ミュージアムではモデルの販売もします。
2機買ってしまったものやスペースの関係で置けない物など大特価で販売します。

例えば、写真を掲載した1:200のYS-11試作1号機は4千円です。展示歴はありません。
他にもモデルは200点以上販売します。

また、Geminiの1:400の金属スタンドは開封品(でないものもありますが)ですが、1個250円です。

Geminiの金属スタンドはphoenixやAeroClassicsの製品にも合います。逆にGeminiの製品に合わなかったりしますが・・・

横道に逸れますが、最も合わないのはherpaの1:200のプラスチック製のモデル(スナップフィットではない)に付属しているスタンドでしょう。私は今までに1機もぴったり嵌ったことがありません。

その点DRAGONのスタンドはぴったり嵌って気持ちがよかったのですが、大きくて置く場所をとるのが難点でしたね。

どんなモデルが販売されているかもお楽しみに!
掲載モデル:YS-11試作1号機 全日空商事 1:200
P1000371.jpg
長らくご無沙汰していました。というかこのブログはもう忘れ去られていますね。

退職を機にエアラインモデルの空港ジオラマの貸しスタジオ兼ミュージアムのようなものを作っていました。

全部自分一人で作ったので、予想を大幅に超えて予定を3カ月もオーバーしてしまいました。

HPはまだ出来ていませんが、8月中にはアップできるかなと思います。

8月1日から仮オープンすることにしました。詳細は次の通りですが、8月、9月はお披露目ということで、貸しスタジオはやらずに見学日だけにするつもりです。

もし、お時間があれば遊びに来てください。お待ちしています。

場所:横浜市鶴見区矢向5-10-17 ファミール東鶴見703号 森野 謙一郎
(看板などは有りません。普通のマンションの一室です)

電話、fax:045-834-9456 携帯:09010561128

交通:JR南武線の矢向駅から徒歩5分くらいです。駅から上記にお電話いただければ、道順をご案内します(簡単です。迷う心配はありません)。
駐車場はありませんので、お車の場合は近くのコインパーキングをご利用ください。

営業日:月、水、土、日曜日の午前10時~午後4時
    金曜日は午後2時~午後8時です。入場は閉店時間の30分前までにさせていただきます。

見学料:300円 中学生以下のお子様は無料です。ただし、お子様だけの入場はお断りします。
009_2015071819171595b.jpg
001_2015071819131443f.jpg
(掲載モデルANA B787-8 phoenix 1:200)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。