YOKOHAMA AIRLINE MODELS

蒐集した3400機のエアラインモデル(カーゴ含む。ダイカスト製、プラスチック製)について掲載していきます。エアライン専門でミリタリーはないので、ご注意ください(軍用転用は含む。例 エアフォース・ワン)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AeroClassicsがFH-227というモデルを発売していたことは知っていましたが、どうせCL-4(=DC-4)と同じで中身はF-27だろうと思っていました。

でもサイトの写真を見ているとどうも感じが違うので調べてみたら、米国のFairchild Hiller社がF-27をベースに独自に開発した飛行機だったのですね。

簡単に言えば、F-27の長胴型になるようです。両機のスペックを比較しますと、()内がF-27(200)
乗客:52名(44名:F-27-100)全長25.5m(23.5m)全幅29.0m(同左)()最大離陸重量:20,600kg(19,050kg)エンジン:ロールス・ロイスダートMk5327Ls(Mk528)双発、です。

そしてF-27が580機生産されたのに対して、FH-227はF-27と合わせて206機生産されたということまでしかわからないので、単体での生産機数は不明ですが、ライセンス生産のわりにはかなりの数が生産されたのだろうと思います。

さて、その後のFairchild Hiller社ですが、1996年にDornier社を買収して、Fairchild・Dornier社となったものの業績不振で2002年に経営破綻してしまいました。

どうもこのあたりが、「航空機から入るのではなく、航空機のモデルから入る」私の知識のないところですね。

いつものように、比較のための竹串ではなくてモデルが小さいので爪楊枝付き写真も掲載しました。
掲載モデル:
NORDAIR FH-227 AeroClassics1:400(番号:3632)
BONANZA AIR LINES F-27同上(番号:2565)
422_20150227070725b34.jpg
427_20150227070727ffe.jpg
429_20150227070729615.jpg
435_20150227070730aa6.jpg
440_2015022707073250e.jpg
スポンサーサイト
このモデルは大変美しい塗装が施されていますが、残念ながら“天驕内蒙古”の意味がわかりません。AIRLINERSNETをレジ:B-5226で検索すると、“Proud son of inner Mongolia”と解説していただいている方がおられるのですが、これでもよくわかりません。

とにかく2014年初に通常塗装からこの塗装に改められた飛行機のようです。

意味がわかる方がおられたらお知らせください。ブログまたはtwitterでご紹介したいと思います。
掲載モデル:
AIR CHINA B737-700W “天驕内蒙古” phoenix1:400(番号:3621)
310_201502250732187db.jpg
312_201502250732222eb.jpg

314_20150225073223a06.jpg
318_20150225073225549.jpg
322_20150225073227c49.jpg
このモデルを見た時、「多分日本人のコレクターは誰も買わないだろうな」と思いました。
2/14に掲載した同じAIR CHINAのB777-300ER“愛”と同じで、日本人は白けてしまいます。

まず、AIR CHINAが日本との関係でこのような特別塗装機を飛ばすことは考えられませんね。

しかし、中国にはAirbusの工場もあるのですから、フランスとの関係を強調するなら、何故「AirbusではなくてB777-300ERなんだ?」というのが素直な疑問です。

このモデルのメーカーは、上記のAIR CHINAのB777-300ER“愛”と同じで「頭(外箱)も尻(モデル本体)」も隠したJCWINGSと思われます。

最近何かJCWINGSのB777の脚回りの作りの脆さに対する批判のキャンペーンをはっているような感じですが、このモデルも同様です。

現在はもう作っていないと思いますが、最近同社のDC-10-30を買ったのですが、機体サイズがはるかに小さいDC-10-30の方がずっと脚回りがしっかり作ってありました。
掲載モデル:
AIR CHINA B777-300ER 50 Anniversaire Chine-France 1964-2014 JCWING?1:400(番号:3627)

249_20150222063943f10.jpg
253_20150222063945d21.jpg
255_20150222063946cc4.jpg
259_20150222063947d5c.jpg
260_2015022206394943b.jpg
25/12/15に同じUNITED ARAB EMIRATESのB777-300ERの政府専用機の記事を掲載しましたが、B747-400も持っていたのですね。
レジ:A6-HRMでAIRLINERSNETを検索すると、2014/6の写真が最新のものなので、すでに退役しているか少し微妙です。

秋葉原T店さんのtwitterでアメリカ政府が現在のAIR FORCE ONEの後継機をB747-8Iに決定したと掲載されていました。

当然と言えば当然ですね。今までLufthansaが一生懸命B747-8Iの安全性をテストしてあげていたのでしょう。

日本はJALもANAも4発機を放棄したので、やむを得ず現在のB747-400の後継機をB777-300ERに選定してしまいましたが、私は敬愛する天皇皇后両陛下をお乗せする飛行機が双発機でいいのか内心忸怩たる思いです。

まあ、総理大臣程度は双発機で十分ですけどね。
掲載モデル:
UNITED ARAB EMIRATES B747-400 SKY 1:500(番号:3641)
377_20150220065135974.jpg
382_20150220065137194.jpg
385_20150220065138593.jpg
387_201502200651403d2.jpg
391_2015022006514152e.jpg
あまり長い間記事を掲載しないと忘れ去られそうなので、久しぶりに記事を掲載します。

“Inspiration”を英和辞典で調べると、「霊感」という意味も有りますが、まさかそんな意味ではなく、おそらく「感動」のニュアンスで使っているのでしょう。

ANAのHPを見ればいろいろと説明があるのでしょうから、興味のある方は調べてみてください。

“Inspiration of JAPAN”のロゴを入れると同時にANAのロゴの前に日の丸を入れたということですので、要するに「日本のナショナルフラッグ・キャリアーはJALではなくてANAだぞ!」と言いたかったのだと思います。

このモデルはphoenix1:400で2/6の記事で掲載した“2020TOKYO OLYMPIC招致塗装機”と同時期に発売されたものですので、phoenixは安上がりのコストで2種類のANAのB777-300ERのモデルを発売した、ということだと思います。
掲載モデル:
ANA B777-300ER “Inspiration of JAPAN” phoenix1:400(番号:3656)

218_20150218070814a40.jpg
223_20150218070816d65.jpg
225_20150218070817ad8.jpg
228_20150218070818aaa.jpg
231_20150218070820b9b.jpg
このモデルは2014/9に就航したばかりの新鋭機と思われます(レジ:B-2006でAIRLINERSNETを検索)。

中国から“愛”と言われても「ちょっと・・・」という気はしますが、間違っても日本には飛んでこないでしょう。
でもバレンタインデーには相応しいモデルだと思い本日記事を掲載しました。

実は私の誕生日は2月14日なのです。
その割にチョコレートを貰った記憶はありません。
まあ、義理チョコを貰ってもホワイトデーに“倍返し、3倍返し”になるので、あまりうれしくはなかったです、なんて負け惜しみです。

それと60歳、とうとう本当に還暦になってしまいました。
還暦を機にエアラインモデル関係の新たな仕事を始めるつもりですので、少しは期待してください。
準備が本格化してきて、さすがに毎日ブログを更新する余力がなくなってきました。

2月はブログの更新は「ぼちぼち」というペースになると思います。
多分3月は休止することになると思います。準備の進捗状況はtwitterでお知らせしていきますので、よろしくお願いします。

このモデルのメーカーは、多分「頭(外箱)も尻(モデル本体)」も隠したJCWINGSと思われます。

しつこく書いて申し訳ないですが、1:400のJCWINGSはphoenixに対抗して、最近のモデルは突起物を付けていますが、それより脚回りを強化するのが先だと思います。
掲載モデル:
AIR CHINA B777-300ER“愛” JCWINGS?1:400(番号:3626)
264_20150214070618895.jpg
266_20150214070521272.jpg
270_20150214070522b1f.jpg

272_2015021407052401d.jpg
277_20150214070525e38.jpg
CATHAY PACIFICの現行塗装をずっと酷評してきた私としては、何故このモデルを購入したのか、正直何かの欲しいモデルとのついで買いで海外のサイトから買ったものだろうと思います。

しかし、見れば見るほどA350XWB-900はB787と比べると保守的な飛行機のように思えます。ちょうど“B787とB777-300ERを足して2で割ったような飛行機”と言えばいいでしょうか。

とにかくB787という先進的な飛行機が実機として存在していたので、開発はかなり楽だったのではないでしょうか。
穿った見方かもしれませんが、懇意のエアラインにB787を1機購入してもらい、借り受けて徹底的に分析したのではないでしょうか?出遅れた割には驚くべきスピードで開発できたように思います。いわゆる“後出しじゃんけん”ですね。

何か私がB787を支持していて、A350XWBを貶しているように聞こえるかもしれませんが、そんなことはありません。

とても古い話ですが、以前にニッサン・ブルーバードがそれまでのイメージをやめて曲線的なデザインのモデルチェンジをして(日本国内では)大失敗したことがあるのですが、B787を見ていると、どうしてもそのブルーバードのモデルを思い浮かべてしまいます。

これだけでわかる方はわかると思うのですが、今度“TOMICA LIMITED VINTAGE”にそのブルーバードのモデルがないか捜しておきます。

CATHAY PACIFICは元々Airbus派だったでしたか? A350XWB-900、-1000合計46機を確定発注している一方、B787は全く発注していません。(出所:(財)日本航空機開発協会2014/12現在)

このモデルのメーカーは、多分「頭(外箱)も尻(モデル本体)も前(外箱にもCATHAY PACIFICとすら書かれていません)も」何もかも隠したphoenixと思われます。

B777-300ER、-200ERとの大きさ比較のための“竹串写真”も掲載しました。
掲載モデル:
CATHAY PACIFIC A350XWB-900 phoenix?1:400(番号:3638)
353_20150213070033ff8.jpg
360_20150213070036804.jpg
362_201502130700381f3.jpg
365_20150213070039eae.jpg
368_201502130701234a9.jpg
372_20150213070126acd.jpg
376_20150213070127426.jpg
このモデルが発売されるまでBRITISH AIRWAYSにも“PANDA FACE”のモデルがあるとは知りませんでした。

それもそのはずで、レジ:G-YMMHでAIRLINERSNETを検索すると、この塗装が施されたのは2013/9~12までのごく短期間だったようです。

モデルメーカーは多分「頭(外箱)も尻(モデル本体)」も隠したJCWINGSと思われます。
繰り返し書いて申し訳ないのですが、1:400は安いのでつい買ってしまいますが(最近のJCWINGSの1:200は高価です)ブリスターケースから出して展示したら、B777のような大型機だと前輪の脚は多分3年ももたないと思います。

とりあえず、同社の1:400の大型機は取扱要注意ですね。
掲載モデル:
BRITISH AIRWAYS B777-236ER “PANDA FACE”
JCWINGS? 1:400(番号:3628)
170_201502120706305b6.jpg
174_2015021207063235b.jpg
176_2015021207063318e.jpg
179_20150212070634544.jpg
184_20150212070636bd6.jpg
185_20150212070702717.jpg

本日は昨日の続きでA300B4中心に掲載します。

掲載モデル:
DHL A300B4 & Vickers 953C Merchantman AeroClassics 1:400(番号:420、421)
Cargo Center herpa 1:500(519647) 

517_2015021107420461e.jpg
520_201502110742067a7.jpg
528_20150211074306d38.jpg
533_2015021107430943e.jpg
537_2015021107431288b.jpg
548_2015021107431696c.jpg
551_20150211074404f70.jpg
559_20150211074405531.jpg
577_2015021107440751f.jpg
505_20150211074156cbe.jpg
506_20150211074200981.jpg
511_20150211074202b25.jpg
タイトルの2機セットを使用してジオラマを作ってみました。

この2機セットは日本では入手できず、ebayで購入しました。
AeroClassicsのA300とVanguardのセットですから、かなり高額になりました。
ただ、掲載した写真の通り、台数は少ないのですが、かなりしっかりした空港車両が予想外に付属していたので、その点はラッキーでした。

因みに海外のサイトでは、“With GSE”と掲載されています。私なりに解釈すると、“Ground Service Equippment“の略ではないかと思います。
たいてい千円程度の“Ground Service Equippment“が付属しているので、“With GSE”は狙い目だと思います。

なお、よくわからないのですが、Vanguardの貨物型改良機を“Merchantman”→“Merchantship(商船)と呼ぶようです。

このクラスのモデルになると、さすがにAeroClassicsと思えるのですが、最近発売しているA320やB737-700W、-800Wは、どうもAeroClassicらしくないですね。モールドも既存のメーカーと同じもののようです。

ジオラマを作るとつい写真を多く撮り過ぎるので、もったいないので本日はVanguard中心に、明日はA300B4中心に写真を掲載します。
掲載モデル:
DHL A300B4 & Vickers 953C Merchantman AeroClassics 1:400(番号:420、421)
Cargo Center herpa 1:500(519647) 

494_20150210081047feb.jpg
498_2015021008104988d.jpg
508_20150210081050df7.jpg
513_201502100810525cf.jpg
525_2015021008105480c.jpg
543_20150210081155bd3.jpg
546_20150210081156e53.jpg
568_20150210081158340.jpg
573_20150210081159ccc.jpg
554_20150210081759f21.jpg
nordwind airlinesは2008年に設立されたロシアのエアラインで保有機材はB767-300ERとB737-800を主体に54機という中堅のエアライン、ということしか私にはわかりません。

こんなマイナーなモデルが何故発売されたかというと、外箱を見る限りEVA AIRとTAMのついでに作られたとしか思えません。

これもまた秋葉原T店さんのtwitterから知ったのですが、最近できたばかりの1:400メーカーの“APOLLO”が生産停止しまったとのことです。

まあ、このモデルを見てもコンセプトのはっきりしないメーカーではあったと思います。
それに品質的にはJCWINGS並み(多分金型は同じ?)で価格はphoenix並みというのでは続く訳がなかったと言えばそれまでですね。

日本では消滅したメーカーの製品はセール品にされることがあるので、狙い目かもしれません。ただ、元から割高な価格設定ですので、割引率が大きくないと意味ないと思います。

米国のサイトはメーカーが消滅してもセール品になることはあまりありません。未だに“AVIATION400”が健在です。

私もあらためて調べてみたのですが、掲載したモデルを含めて全部で13機“APOLLO”のモデルを持っていました。
しかし、JALのCV-880を発売してくれたのは有りがたかったです(26/3/3の記事をご覧ください)。
掲載モデル:
nordwind airlines B777-200ER APOLLO 1:400(番号:3629)
340_20150209070752838.jpg
343_20150209070754a7c.jpg
346_20150209070755103.jpg
347_201502090707564af.jpg
352_20150209070758ea1.jpg
タイトルのように機体には、エアラインのキャッチフレーズの“NOW EVERYONE CAN FLY”と繋げるととても長いメッセージが描かれています。

ラッピングもとても手の込んだ絵になっています。

このモデルは2011/11にこの塗装を施され、以降ずっとこの塗装で飛んでいるようです。
掲載モデル:
Air Asia A330-300 “NOW EVERYONE CAN FLY TO Malaysia Trury Asia”(レジ:9M-XXF) SKY 1:500(番号:3635)
295_2015020806461374f.jpg
298_201502080646157ed.jpg
300_20150208064617f64.jpg
304_201502080646181ba.jpg
305_201502080646191d6.jpg
25/9/18に掲載したDassault Falcon 2000LXはH/Cでしたが、本日はFrench Air Forceのモデルを掲載しました。

いわゆるビジネスジェットはほとんど高価なDESKTOP MODELしかないので、hoganがシリーズ化してくれないかなと期待したのですが、第2弾は発売される気配がなく、単発で終わってしまったようで残念です。
掲載モデル:
French Air Force Dassault Falcon 2000LX
hogan 1:200(番号:3637)
279_20150207074518ab3.jpg
281_20150207074520eba.jpg
286_20150207074522f30.jpg

289_201502070745234d7.jpg
292_20150207074524599.jpg
“招致塗装”というほどのものではない簡単なラッピング機です。
2016年のJALの招致塗装機の方がずっと手が込んでいたのですが(25/9/9の記事をご覧ください)、2020年のANAのラッピング機は、コストパフォーマンス抜群でしたね。

小さくて見えないと思いますが、“2020”の後ろのマークのバッチをスーツに付けさせられていたサラリーマンを当時はよく見かけました。

かみさんが横浜市の卓球の役員をしている関係で、我が家にも確か1個このバッチがあったはずです。

しかし、こんな状態で本当にオリンピックが開催できるのでしょうか。テロの脅威への対応もさらに強化しなければならなくなりました。

おそらく無事に開催することができても、歴史的に振り返って“最後に日本が輝いていた瞬間”と言われそうな気がします。

phoenixのB777はJCWINGSと比べれば、脚回りをしっかり作っていると思いますが、怖くてブリスターケースから出して展示する気にはなれません。
掲載モデル:
ANA B777-300ER “TOKYO●2020” phoenix 1:400(番号:3623)
234_2015020609161053a.jpg
236_20150206091612542.jpg
239_201502060916140d8.jpg
242_201502060916153aa.jpg
245_20150206091617917.jpg
Cayman AirwaysのこのモデルはAIRLINERSNETで検索すると、2007年までの写真しかないので、すでに退役していると思います。

写真ではわからないと思いますが、機体後部に描かれている文字は“CAYMAN ISIANOS 1503★★★2003”で発見から500周年を示しているのだそうです。

このモデルはSMAの初期の古い製品で、本当にいつ脚が折れてもおかしくないので、ブリスターケースから出すときには、とても気を遣います。

それとCayman Airwaysのモデルにはherpaの1:500の“Exclusive Series”という旧ギアなのに立派なケースに入ったよくわからない製品があるのですが、このB737-400のモデルはどう見ても当時のBoeingのH/Cのままエアライン名と亀のマークを垂直尾翼に描いただけというもので、とてもユニークなモデルです。

でも、このCayman Airwaysの亀のマークはとてもかわいいですね。
掲載モデル:
Cayman Airways B737-200 “亀” SMA 1:400(番号:3667、以前から持っていましたが番号を付けていませんでした)

153_2015020507291863a.jpg
154_20150205072919dbf.jpg
158_20150205072921693.jpg
161_20150205072922519.jpg
165_20150205072923d97.jpg
168_2015020507294705c.jpg
すでにご存じの方も多いと思いますが、新しいコレクターの方の中には、「何故royal air morocのB787-8のモデルは前からあるのに実機がないの?」と思っておられる方もおられるかと思います。

私が聞いた範囲では、B787-8の2番機はroyal air morocに入る予定だったようです。

それで、Geminiもherpaもroyal air morocのモデルを素早く発売したのですが、Boeing、royal air morocどちらかの事情で納入が遅れている模様です。

royal air morocは4機の確定発注をしているので、いずれ納入されるのでしょうし、このGeminiのモデルにはレジもDREAM)LINERマークも入っているので、おそらく外すことはないと思います。

元々royal air morocの通常塗装の主翼は白色ですので、B787-8の主翼の白色指定も全く違和感なく溶け込めると思います。
掲載モデル:
royal air moroc B787-8 Gemini 1:400(番号:1290)
143_20150204071533efd.jpg
147_20150204071534772.jpg
151_20150204071537878.jpg
154_20150204071538ca3.jpg
157_201502040715581ae.jpg
KLMはご案内の通り世界で一番古いエアラインです。KLMの設立は1919年なので、95周年は2014年だったことになりますが、モデルの発売は2015年になってからのようです。

掲載した写真はKLMらしいMD-11ですが、B747-400やB777-200にも95周年塗装を施しているようです。

写真でおわかりのように“95years”のロゴがあるのは機体の右側だけで、しかも控え目なので、95周年塗装モデルは1機持てば十分だと思います。

私もKLMのMD-11だけで3機目ですので、これ以上“95years”モデルを買おうとは思いません。
掲載モデル:
KLM 95years MD-11 phoenix 1:400(番号:3622)

062_20150203071710467.jpg
064_2015020307171235b.jpg
067_20150203071713cbd.jpg
070_2015020307171587c.jpg
073_201502030717162d1.jpg
SOUTHWESTがair Tranを買収したことを秋葉原T店のtwitterで初めて知りました。

SOUTHWESTはご案内の通り独自路線のエアラインなので、他のエアラインを買収することなどないだろうと思っていました。

それにair Tranの使用機材はB737-700Wも持っていますが、主力はB717ですから今後どうするのでしょう(左下のカテゴリのB717をクリックしてみてください)。

本日は、SOUTHWESTの新塗装、旧塗装、旧々塗装の3機の写真をアップしました。

私個人的には新塗装は、旧塗装の独特の紫色が好きだったこと、最近の流行に乗って機体後部から垂直尾翼にかけて色を塗り上げていく塗装にしたこと、以前のB737-300“Triple Crown One”とどこが違うの?という感じで、あまり評価していません。
掲載モデル:
新塗装:SOUTHWEST B737-700W AeroClassics?(ブルーボックス入りなので) 1:400(番号:3625)
同上旧塗装:-800W Gemini 1:200(番号:2868)
同上旧々塗装:-200 INFLIGHT 1:200(番号:2127)
048_20150202071414816.jpg
049_201502020714162a2.jpg
053_20150202071418397.jpg
056_20150202071419191.jpg
059_20150202071421568.jpg
004_2015020207153463b.jpg
005_2015020207153695b.jpg
010_201502020715372a4.jpg
015_20150202071539a0b.jpg
032_201502020714496b8.jpg
035_201502020714518f3.jpg
040_201502020714548a6.jpg
037_2015020207145245c.jpg
043_201502020714555a6.jpg
“祝! アジアカップ優勝”にしては冴えないモデルになってしまいましたが、QANTASのサッカーに係るモデルは全部掲載してしまいました。

今もう1機予約してあったのですが、オーストラリアの優勝で入手困難かもしれません。
もし入手できたらあらためて記事を掲載します。

韓国との決勝戦についてはtwitterに感想を書いていますので、そちらを見てください。
両国とも素晴らしい戦いでしたが、一応、1/25の記事でオーストラリア優勝の予想を的中させていますので・・・

さて、AUSTRALIANは垂直尾翼のカンガルーでおわかりの通り、QANTASの系列です。
2001年の設立ですが、その後QANTASがAUSTRALIANを廃して、Jetstarとの2本立てで行くと決めたので、2006年には運航停止されてしまいました。

オレンジ色の機体に黒のカンガルーの塗装の方が馴染みがあると思いますが、結構これが人気モデルで、私は入手できていません。
掲載モデル:
AUSTRALIAN B737-300 Gemini 1:400(番号:241)

136_20150201061825f62.jpg
139_20150201061826e72.jpg
142_2015020106182841e.jpg
147_2015020106182982d.jpg
148_20150201061830b01.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。