YOKOHAMA AIRLINE MODELS

蒐集した3400機のエアラインモデル(カーゴ含む。ダイカスト製、プラスチック製)について掲載していきます。エアライン専門でミリタリーはないので、ご注意ください(軍用転用は含む。例 エアフォース・ワン)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このモデルもB737のコレクターにとっては、どうしても手元に置きたいモデルの一つで、大変人気があり、なかなか入手が困難なモデルです。400SCALEHANGER.NETによれば、LIMITED300になっていますので、かなり貴重品です。

25年2月24日の記事に掲載しましたAlasaka DISNEYの3機のモデルと同じ-400で、配色もよく似ていますが、このISLAND DOLPHINのモデルは、DISNEYのモデルと比較しても引けを取らない、とてもかわいらしい出来映えだと思います。

最初は私も2機のどこが違うのかわかりませんでしたが、単純に垂直尾翼に“ANK”の文字がある方が、レジJA391Kで無い方がJA392Kの違いのようです。
掲載モデル:
ANK ISLAND DOLPHIN B737-400 phoenix 
1:400 2機セット(レジ:JA391K JA392K)(番号:2830、2831)
239.jpg
242_20130429061347.jpg
256_20130429061348.jpg
259_20130429061350.jpg
315.jpg
318.jpg
326.jpg
335.jpg
スポンサーサイト
サッカーに係わるモデルも大きく分けてクラブチームに関するモデルとワールドカップに関するモデルに分かれます。
本日はタイトルの2機をご紹介します。

1998年はフランス大会でしたので、順当にAIR FRANCEです。モデルはSKYCLUBという、今はもう存在しないブランドですが、中身はDRAGONと同じものです。

2機目ですが、2002年の興奮からもう10年以上たっているのですね。モデルは多分Geminiだと思うのですが、Geminiのマークは入っていません。限定240機ですが、まだ売れ残っていました。多分、いろいろなメーカーからコピーの製品が出回ったのでしょう。

さて、2002年の大会のチケットは本当に取得するのが大変でした。私は横浜市民ですので、市民枠で1ゲームやっと取得できたのですが(対戦カードは確か一方がアイルランドだったことは覚えているのですが・・・)、甥が大のサッカーファンでしたので、甥に譲ってしまいました。ですから、残念ながら生では観戦していません。

それにしてもモデルはKOREAN AIRしかないようなので、2002年はJALもANAも特別塗装機を飛ばす権利が取得できなかったのでしょうか?

10年以上前ですと、私はまだエアラインモデルの蒐集をしていなかったので記憶がありません。2006年のドイツ大会の時はJALの“サムライブルー”があるのに不思議です。当時の事情をご存知の方がおられたら、ぜひ教えてください。

なお、2006年のドイツ大会のJALの“サムライブルー”は24年7月7日の記事で写真を掲載していますので、ご覧ください。また、同じく7月8日の記事で写真を掲載したB747-212B AEROLINEAS ARGENTINASもWORLD CUP 98の特別塗装のモデルです。
掲載モデル:
WORLD CUP 98 AIR FRANCE A340-311 SKYCLUB 1:400(番号:2791)
2002日韓共同開催 KOREAN AIR B777-200 1:400 Gemini?(番号:2712)

100_20130428062558.jpg
103_20130428062600.jpg
108_20130428062603.jpg
112_20130428062605.jpg
121_20130428062637.jpg
125_20130428062638.jpg
129_20130428062640.jpg
132_20130428062641.jpg
116_20130428062635.jpg
私はこのTRANSEAEROのB767-300のモデルを見た時、すっかり、AIR FRANCEの関係するエアラインだと思いましたが、どうも特に関係はないようです。ロシアのエアラインなのですが、AEROFLOTに次ぐ歴史を持つエアラインのようです。

だとすると、この機体のデザインはAIR FRANCEのパクリ以外のなにものでもないような気がします。レジもN601LFなので、米国のエアラインからのリースでしょうか。

よくこれでAIR FRANCEが黙っていたものだと不思議でしょうがありません。

次に、AIR FRANCEのA318ですが、このモデルはherpaの1:400です。ご承知のようにA318はERJ、CRJと競合していてあまり売れていませんので、モデルも1:400のエアラインはこのモデルだけだと思います。

herpaが1:500ではLANとか何機種か出していますが、1:400派の方はこれ以外にはDRAGONが出しているAirbusのハウスカラーしかないと思います。
1:200は私が知る限りダイカストもSNAPFITも出ていないのではないでしょうか。
掲載モデル:
AIR FRANCE A318 herpa 1:400(番号:515)
TRANSEAERO B767-300 Aeroclassics 1:400(番号:2760)
056_20130426234446.jpg
061_20130426234448.jpg
065_20130426234451.jpg
068_20130426234533.jpg
077_20130426234538.jpg
073_20130426234536.jpg
079_20130426234539.jpg
本日はOLYMPICに係わるモデルその3として上記のモデルをご紹介します。
とにかく1998年から15年が経過しています。早いものですね・・・

当時は現在のようなエアラインモデルのコレクターになるとは夢にも思っていなかったので、15年前のモデルを捜すのは大変でした。

捜しまわって米国のサイトでやっと見つけて購入しました。とにかく15年前のモデルですから、脚はとれかけている、DRAGONなのにスタンドが付いていないなどボロボロでしたが、いたしがたないです。

ただ、写真でおわかりの通り、実機にある当時のAIR CANADAの塗装の特長である垂直尾翼の楓の葉のマークがモデルにはないという意味がよくわかりません。

さて、ここで長野冬季オリンピックにおける活躍した日本選手を列挙してみますと、ジャンプの船木、原田選手、スピードスケートの清水、岡崎選手、ショートトラックの西谷、植松選手、そして何より大番狂わせのモーグルの里谷多英選手の金メダルといったところでしょう。

しかし、日本の開催でしたが、日本のエアラインの特別塗装機というのが見つからないのですが、なかったのでしょうか・・・
同じことは2002年の日韓共同開催のサッカーワールドカップのモデルにも言えるのです。KOREAN AIRのB777-200はあるのですが、日本のエアラインのモデルがやはり見当たりません。

とにかく「冬季オリンピックとサッカーのワールドカップが同じ年に開催される」と覚えておけばいいのですね。

次に2002年のモデルですが、こちらは比較的容易に入手できました。
Geminiのサイトでは、SOLD OUTですが、結構ヤフオクには出てくると思います。
こちらも11年前のモデルですから、ブリスターケースが変色し、ボロボロでした。ただ、本体は全く綺麗に保存されていました。

さて、この大会では日本選手は惨敗でメダリストはスピードスケートの清水選手とモーグルの里谷選手の二人だけにとどまりました。

掲載モデル:
AIR CANADA A340-300 “nagano 98” DRAGAO 1:400(番号:2719)
2002 SALT LAKE Delta B777-200 Gemini 1:400(番号:1640)

131_20130421064812.jpg
137_20130421064901.jpg
139_20130421064935.jpg
143_20130421065020.jpg
163_20130421065202.jpg
167_20130421065235.jpg
172_20130421065309.jpg
176_20130421065336.jpg
今まで、PIAの新塗装を散々貶してきて、しかもphoenixのPIAのB737-300 3機シリーズはあまりにつまらないので、揃えるのを止めたとか、いつか書いたような気がします。

ところが、ヤフオクで残りの2機が定価の半額くらいで出ていたので、やはり「揃っていないのは気持ちが悪い」という思いが強く、購入してしまいました。

そして、今3機並べてみると、「なかなかいいじゃない!」という気になっています。

今までブログで偉そうに“コレクター道”のようなことも書いてきましたが、時には「コレクターは変心することも有り!」ということで、お許しください。

掲載モデル:
PIA B737-300 phoenix 1:400 “Nature‘s Orchard”(写真1,2) “City of Saints” (同3,4,5)“The Silk Route”(同6,7,8,9)
132_20130420003422.jpg
127_20130420002725.jpg
148_20130420003525.jpg
150_20130420003601.jpg
159_20130420003644.jpg
165_20130420003724.jpg
173.jpg
179_20130420003842.jpg
171_20130420003749.jpg
4月13日の午後3時半、インドネシアのバリ島デンパサル国際空港で、同国のLCC、Lion AirlinesのB737-800Wが着陸に失敗し、海に飛び込むという事故が発生しました。

原因についての報道はありませんので、何とも言えませんが、B737-800Wという定評のある飛行機であること考えると、操縦ミスかなという気がします。

一般に飛行機の操縦で一番難しいのが着陸と言われていますので、そんな気がするという程度ですが、LCCとはいえ、B737-800Wという新しい飛行機であるとすると整備不良という可能性は低いように思えます。
乗員乗客で100名以上乗っていたようですが、死者が出なかったことは、不幸中の幸いといえるでしょう。

写真を掲載したのはLion Airlinesですが、さらに新鋭機のB737-900ERです。私はLion AirlinesがインドネシアのLCCだということも知りませんでしたが、900ERを導入していることから、機材にコストをかけないタイプのLCCでないことは明らかです。

デンパサル空港は新婚旅行で行った、シンガポール→バリ島というコースの思い出の地です。おそらく夫婦二人だけで行った最初で最後の海外旅行だろうと思います。

私はもうすぐ退職しますが、夫婦で記念の海外旅行というのはほとんど実現性がありません。俗に言う「成田離婚」にならなかったのが奇跡的です。今まで夫婦でどうにかやってこられたのは、多分結婚してすぐに子供ができたことと、子供が成長してからは、唯一の共通点が、お互い「犬が好き」ということだったからだと思います。「子供と犬が夫婦のかすがい」でやってこられたのだと思います。

かなり脱線してしまいましたが、私のコレクションでもLion Airlinesのモデルの4機はGeminiもphoenixも全部B737-900Wです。
掲載モデル:
Lion Airlines B737-900ER(レジ:PK-LJC)phoenix 1:400(番号:2346)
001_20130415212328.jpg
005_20130415212330.jpg
009_20130415212331.jpg
015_20130415212332.jpg
本日は25日3月16日の記事ARIZONA CARDINALSに続いてNFLの2チームAtlanta FALCONSとPhiladelphia EAGLESの登場です。

1機目のAtlanta FALCONSはair TranのB717で、25年3月23日の記事のNBLのORLAND MAGICと同じGeminiの1:400です。
アメリカン・フットボールに関しては全く興味がないので、チームに関することは何もわかりません。

2機目のPhiladelphia EAGLESのモデルですが、U・S AIRWAYSのA319ですので、Gemini製に間違いないと思いますが、別注品のようで、箱は白箱ですし、機体の裏側にGeminiのネームもプリントされていません。

多分日本では正規品としては流通しなかったのではと思います。私は米国のCo・・・サイトから購入しました。このサイトは本当にいい加減で、私も何回も痛い目にあっていますが、どこか憎めないところがあります。
まあ、米国のサイトと取引するならば、3割くらいは何かトラブルがある、という覚悟が必要でしょう。

同様なモデルは他にも存在していて、メジャー・リーグ・ベースボールの“Diamond Backs”のB757-200を入手しています。こちらも多分Gemini製だと思いますが、まだ、金型の比較を行っていません。いずれメジャー・リーグ・ベースボールに係わるモデルの記事でご紹介します。

さて、私はこのEAGLESのモデルはU・S AIRWAYSの機体のカラーとEAGLESのチームカラーが絶妙にマッチしていて大変気に入っています。

掲載モデル:
Atlanta FALCONS air Tran B717 Gemini 1:400(番号:1057)
Philadelphia EAGLES U・S AIRWAYS A319 Gemini? 1:400(番号:2973)
063_20130414072532.jpg
067_20130414072534.jpg
072_20130414072536.jpg
077_20130414072538.jpg

038_20130414072641.jpg
041_20130414072642.jpg
047_20130414072644.jpg
052_20130414072646.jpg
本日はオリンピックシリーズのその2として25年3月30日に続いて、SOUTH AFRICANのOLYMPIC TEAM 新旧輸送機、B747-300とA340-300をご紹介します。

まず、新の方ですが、これはAIRLINERS NETで検索すると、この塗装を施されたのが、2012年のようですので、ロンドンオリンピックから使用されたもののようです。ご覧のように大変美しいデザインで、写真はJCWINGS(と思われる)メーカーのものですが、herpaなど他のメーカーからも発売されています。

次に旧の方ですが、やはりAIRLINERS NETで検索すると、2004年までは使用されていたようなので、アテネオリンピックまでだと思います。そうすると、2008年の北京オリンピックの時は、南アフリカのOLYMPIC TEAMの輸送機はどうだったのかな、と気になってしまいます。

これはherpaの旧ギアですが、再現性を重視する昨今の傾向から徐々にモデルの中心が1:200に移行しているため、ほとんどherpaの旧ギアは見向きもされないという状況です。

しかし、私はモデルを手に持っていじるのが大好きですが、とても恐ろしくて1:200のB747なんて、手に持ってもてあそべません。その点herpaの旧ギアは、大きさも手頃で、安く入手できますし、少々乱暴に扱っても壊れないという安心感があるので、今でも時々ヤフオクなどで購入しています。

特に私は勝手にherpaのGENERATION1と名付けていますが、ブリスターケースの下が黒のモデルは“herpa Wings”が印刷ではなく、SCHABAKと同じで刻印されています。これを手でいじりまわしていると、とても楽しいです。

私はAeroclassicsとこのherpaのGENERATION1には“骨董品”的な価値観を持っています。

さて、SOUTH AFRICANですが、何故か日本ではあまり人気がなく、モデルはたいてい売れ残っていますね。

掲載モデル:
SOUTH AFRICAN A340-300 JCWINGS? 1:400(番号:2747)
SOUTH AFRICAN B747-300 “Nadizani” herpa旧ギア 1:500(番号:2732)

149_20130413074545.jpg
152_20130413074546.jpg
155.jpg
159_20130413074549.jpg
059_20130413074357.jpg
060_20130413074359.jpg
066_20130413074401.jpg
071_20130413074403.jpg

25年1月14日の記事で、AIR NEW ZEALANDのLOAD OF THE LINGSのモデルをご紹介しましたが、その中でB747-400のレジZK-SUJの方が入手できていないと記載していましたが、この度phoenixから発売され、入手しましたので、アップしました。

 

LOAD OF THE LINGSシリーズではこのB747-400のレジZK-SUJの入手が大変困難だったので、phoenixはそこに目をつけて発売したのだと思います。

 

また、ZK-SUJに次いで入手困難だったA320もphoenixからアナウンスがあり、現在予約受付中です。

 

あわせてLOAD OF THE LINGSへ続く過程をテーマにしたTHE HOBBITのB777-300ERのモデルも発売されましたので、そちらもアップしました。

 

今回から“スポーツに係わるモデル”シリーズに続いて“映画に係わるモデルシリーズ”を命名することにしました。

 

JALのドラえもんの映画とのコラボモデル(「のび太のひみつ道具博物館」など)とか、意外に映画に係わるモデルというのがあることがわかってきましたので、切り口の一つにしたいと思います。

 

掲載モデル:

AIR NEW ZEALAND B747-400 LOAD OF THE LINGS(ZK-SUJ)phoenix 1:400(番号:2675)

B777-300ER THE HOBBIT JCWINNGS? 1:400(番号:2629)

 


020_20130407061514.jpg 021_20130407061516.jpg 028_20130407061517.jpg 029_20130407061518.jpg 002_20130407061601.jpg 005_20130407061602.jpg 012_20130407061603.jpg 013_20130407061604.jpg 019_20130407061605.jpg

F1に係わるモデルは大きく分けて2種類あります。一つがレースの開催地のエアラインのモデル、もう一つがF1のチームのモデルです。

 

本日はF1のチームのモデルをご紹介します。

 

1機目はTEAM LOTUSのモデルです。2機目のTEAM WILLIAMSも同じですが、ともにF1のマシンの車体のデザインを模したモデルのようです。

 

ともに飛行機のデザインとして見ると、かなり奇抜なものに見えるので、おそらくF1のファンの方しか購入しないと思います。

 

F1といえば、最近HONDAがレースに復帰するとの報道がありました。車体は含まれず、エンジンの供給だけのようですが・・・

 

HONDAのエンジンといえば、あの事故で早逝した天才ドライバー、アイルトン・セナが優勝した時のエンジンは大半がHONDAのエンジンだったとのことです。

 

一時期はTOYOTAも参戦していて、HONDAと競っていたこともありましたが、現在はF1のチームは11しかないようです。

 

また、F1のドライバーとエアラインの関係では、忘れてはいけないのがニキ・ラウダです。

彼は最初にLauda airを開設しますが、結果的に失敗してAustrian航空に身売りします。しかし、それでもめげずに今度はLCCのflyNIKIを開設して、こちらは順調なようです(といっても、実質的にはairberlinの支配下にあるようですが・・・)。

 

さらに、その機体のデザインが“ハエ”というユニークなもので有名です。機会を改めて、Lauda airとflyNIKIのモデルもご紹介したいと思っています。

 

掲載モデル:

Air Asia A320 TEAM LOTUS phoenix 1:400(番号:2670)

Air Asia A320 TEAM WILLIAMSphoenix 1:400(番号:2745)
167_20130406071340.jpg 163_20130406071341.jpg 175_20130406071342.jpg 171_20130406071343.jpg 074_20130406071456.jpg 079_20130406071457.jpg  087_20130406071459.jpg 082_20130406071458.jpg

本日は平日ですが、日曜日に風呂掃除をした時にぎっくり腰になってしまい、昨日から休暇をとっています。だいぶ回復しましたので、地味なテーマで記事をアップします。

 

長年エアラインのモデルの蒐集をしていますが、これほど国のイメージとナショナル・フラッグ・キャリアーの機体のデザインが一致しないのは珍しいと思います。

 

インドネシアというと黄色、オレンジ、レッド、茶色の暖色系をベースにグリーン、ブルーを少しちりばめたような派手派手のイメージをどうしても抱いてしまいますが、ガルーダ・インドネシアのデザインは旧塗装、新塗装ともに濃淡のブルーを使い分ける寒色系のシンプルなものです。

 

機体にエアライン名が無ければ、どこの欧米系のエアラインだろうと思ってしまいますね。

私はあまり好みではないのですが、イベリア航空の機体のデザインは一目でスペインを意識させると思いますので、対照的です。

 

1機目が旧塗装です。これもすっきりして決して悪くはないデザインだと思いますが、2機目の新塗装は、さらにグラデーションを取り入れて綺麗なデザインとなっています。

 

何度も書いていて恐縮ですが、一般的にエアラインのデザインは暖色系よりも寒色系が好まれる、という王道をまさに示したデザインだと思います。

 

こんなことを書くとインドネシア関係の方に怒られてしまうと思いますが、中近東や中国のエアラインのようにお金持ちだと機体の塗装にお金をかけられますが、そうでないところ、あるいは保有機数が非常に多い巨大エアライン、たとえば、エール・フランスやルフトハンザなどはシンプルなデザインになる傾向があります。

 

こう考えると、ガルーダ・インドネシアも国の発展とともに少しエアラインの塗装にお金をかける余裕ができてきたのかな、とか考えてしまいます。

 

新塗装の成功例シリーズにあげてもいいくらいの出来映えだと思いますが、旧塗装も悪いとは思いませんので、本日は上記のようなタイトルでご紹介させていただきました。

 

掲載モデル:

Garuda Indonesia B737-800W 旧塗装 DRAGAON 1:400(番号:2571)

同新塗装 phoenix 1:400(番号:2622)


202_20130402095127.jpg 206.jpg 214_20130402095129.jpg 219_20130402095130.jpg 183_20130402095206.jpg 186.jpg 193.jpg 200_20130402095211.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。