YOKOHAMA AIRLINE MODELS

蒐集した3400機のエアラインモデル(カーゴ含む。ダイカスト製、プラスチック製)について掲載していきます。エアライン専門でミリタリーはないので、ご注意ください(軍用転用は含む。例 エアフォース・ワン)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

1回目は1/400の全日空商事(以後正規品と言います。番号1476)とPhoenixのANAのB747-8(同1709)の特別塗装機の比較です。

まず、当然ですがモールドが違います。正規品は飛行姿勢でギアが出ています。通常はあり得ない姿勢なのかもしれません。herpaの1/500のモデルでは飛行姿勢と駐機姿勢と両方あります。一方、phoenixは駐機姿勢ですね。

 

2点目は主翼のレジの表示です。これは結構目立ちます。

 

3点目は後部ドアの日の丸の位置の違いです。正規品とphoenixではドアの前後が逆になっています。あとわかりにくいのですが、アクセントの赤の3つのマークですが、正規品は赤で、phoenixはむしろオレンジ色に近いです。

 

4点目は前方ドアのANAのブルーと水色マークの位置が違います。正規品はANAの文字の後ろ、phoenixは前になっています。

 

いずれにしろphoenixのモデルもよくできています。海外のコレクターはこちらを購入している方が圧倒的に多いのでしょうね。

 

また、記事を改めて書きますが、国内の販売店はphoenixのモデルは販売できないので、私も海外のサイトから購入しました。

069_20130101135752.jpg 103_20130101135826.jpg 078_20130101135753.jpg 097_20130101135824.jpg ANA787-1 096_20130101135823.jpg

 


続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。