YOKOHAMA AIRLINE MODELS

蒐集した3400機のエアラインモデル(カーゴ含む。ダイカスト製、プラスチック製)について掲載していきます。エアライン専門でミリタリーはないので、ご注意ください(軍用転用は含む。例 エアフォース・ワン)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
A310はA300の胴体を6.96m短胴化、コクピットの改造により2人乗務可能としたものです。
A310もA300同様現在では旧型機なので、なかなか記事をアップする機会がありませんでしたが、合計255機とまずまずの機数製造されました。

A310-200が初期量産型で、LufthansaとSWISSAIRがローンチカスタマーになりました。1983年から商業運航を開始しています。

-300は-200の航続距離延長型(6800→9600km)です(26/1/2の記事のLuftwaffeのA310は-300です。)
燃料タンクが増槽されていますが、外見上の-200との大きな違いは、主翼派端にウィングチップフェンスを追加したことです(後日、-200もウィングチップフェンス付きに改造されたものもあり、このタイプだと見分けは困難です)。
掲載モデル:
SWISSAIR A310-200 herpa 1:400(番号:1561)
PIA A310-300“Gateway to the East”Gemini 1:400(番号:1749)
153_201406120808438b6.jpg
156_20140612080845b0d.jpg
158_20140612080846bf4.jpg
161_20140612080847a5f.jpg
163_2014061208084977f.jpg
168_20140612080920881.jpg
170_20140612080921271.jpg
172_20140612080922b18.jpg
175_201406120809238a8.jpg
179_201406120809251a4.jpg
スポンサーサイト
このLUFTWAFFE A310-300ですが、10+21と10+22の2種類があって、それぞれラインが茶色とブルーの違いがあります。10+21の方は元インターフルークの所有機のようです。

前回のtapのモデルの時にも記載しましたが、このA310という機種は記事に採り上げる機会が少なくて困ってしまいます。

また、この機種もFOKKER F-28→F-100→F-70となったのと同様に、少し略しますが、A300B4→A310→A300-600Rという変遷をしています。
単純に、数字だけを追っていくと間違えてしまいます。

A300の短胴型がA310で、A300は3人乗務だったのをA310で2人乗務とし、その進化をA300-600Rに採りいれているのですね。

A310だけだと生産機数は255機なので、採算的にどうだったのかなと思ってしまいますが、A300が561機納入されているので、合計すれば、採算ラインと言われる500機を大きく突破しています。

また、あらためてご紹介したいと思いますが、空中給油機A310MRTTに転用されています。
掲載モデル:全てherpaです。
LUFTWAFFE A310+300 10+21 1:400(番号:1563、1737、2機あります。)
同上 10+22 1:400(番号:611)
同上 A319 1:500(番号:1789)
351_20140102084609429.jpg
356.jpg
358_20140102084612945.jpg
360.jpg
016_2014010208465590e.jpg
020_20140102084656472.jpg
022_201401020846574a9.jpg
026_20140102084659988.jpg
028_201401020847005f5.jpg
408.jpg
412_20140102084742d2b.jpg
416.jpg
417.jpg
422_20140102084747d75.jpg
25年10月20日の記事でEXPO98 tap AIR PORTUGAL B737-300の写真を載せましたが、その時旧塗装も掲載しました。

本日は新塗装のA310という実にアンバランスなモデルを掲載します。
左下のカテゴリでA310がなかったのが、ずっと気にはなっていたのですが、本当に記事にする“ネタ”のない飛行機で困っていました。

一度、A300B2(B4)、A310、A300-600Rの関係を整理して記事をアップしようとは思っていたのですが、25年10月20日の記事で旧塗装のモデルを掲載したので、ちょうどいい機会でしたので、新塗装のA310を載せることにしました。

本当にtap AIR PORTUGALの旧塗装は人気がなかったので、新塗装になってよかったと思います。

モデルメーカーですが“ocean-wings”という私もこれ1機しか所有していないメーカーですが、箱にはphoenixのマークも入っているという、実に不思議なモデルです。
掲載モデル:
tap AIR PORTUGAL A310 N/C ocean-wings(phoenix) 1:400(番号:1207)
238_20131021165905628.jpg
242_20131021165908b81.jpg
248_2013102116590950b.jpg
255_20131021165912344.jpg
252_2013102116591178d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。