YOKOHAMA AIRLINE MODELS

蒐集した3400機のエアラインモデル(カーゴ含む。ダイカスト製、プラスチック製)について掲載していきます。エアライン専門でミリタリーはないので、ご注意ください(軍用転用は含む。例 エアフォース・ワン)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日も9/4の記事に続いて、virgin groupの失敗例をご紹介します。このAIR NIGERIAですが、2003年に運航停止したNigeria Airwaysに代わって、virgin atlanticが49%出資してVirgin Nigeria Airwaysを設立し、2005/6に運航を再開しました。

しかし、結局うまくいかず2009/9に規模を大幅に縮小し、エアライン名もAIR NIGERIAに変更しました。どうしてこんなところにまでvirgin groupが手を出したのかよくわかりませんね。

Virgin Nigeria Airways時代のモデルは見つからなかったので、仕方なくこのAIR NIGERIAのERJ-190のモデルの写真を掲載しました。
綺麗なデザインなのですが、herpaのW/Cモデルなので1:500で4200円もしてしまったのは、少し痛かったです。
掲載モデル:
AIR NIGERIA ERJ-190 herpaW/C 1:500(番号:3015)
182_20130906215341f09.jpg

186_20130906215344f16.jpg
193_2013090621534501e.jpg
195.jpg
199_20130906215348e4a.jpg
スポンサーサイト
最初は“いいな!”と思ったデザインでも、さすがに私がエアラインモデルの蒐集を始めてから7、8年間、一度も変更がないと、さすがにモデルを購入する気がなくなってしまいます。

その代表例として、大変申し訳ないですが、AIR CANADAの通常塗装をあげさせていただきます。繰り返しますが、いいデザインだとは思うのです。ただ、見飽きただけです。どうやらB787-8でも変更しないようです。

写真のERJ-190のダイカストモデルは現在では、herpaの1:500が少し前からとGeminiの1:200がつい最近発売されましたが、当時はダイカストモデルは、1:500と1:400のERJ-145とherpaの1:500のERJ-170しかなかったので、米国のサイトを捜して購入した1:100のSNAPFIT MODELです。

同時に掲載した、対照的にど派手なモデルは65周年塗装です。といっても2002年のモデルですが。

どちらかというと、左下のERJのカテゴリが“0”のままになっているのが気になっていて、無理やり本日のテーマで記事を書いたとうようなものですが・・・
掲載モデル:
AIR CANADA ERJ-190 1:100 SKYMARKS SNAPFIT MODEl(番号:848)
AIR CANADA A320 65th DRAGON 1:400(番号:1641、2929 これも間違って2機買ってしまいました。)
069_2013080307573224b.jpg
074_2013080307573489e.jpg
077_20130803075735106.jpg
018_2013080307575955e.jpg
023_20130803075800a20.jpg
025_201308030758022a8.jpg
029_2013080307580487d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。