YOKOHAMA AIRLINE MODELS

蒐集した3400機のエアラインモデル(カーゴ含む。ダイカスト製、プラスチック製)について掲載していきます。エアライン専門でミリタリーはないので、ご注意ください(軍用転用は含む。例 エアフォース・ワン)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上記タイトルの2回目ですが、本日は少し違う観点から記載したいと思います。

American Airlinesは、どちらかというと、単体ですっきりと存続してきたエアラインという感じがありますが、親会社としてAMRがあり、そこにいくつかのエアラインがぶら下がり、結局、American Airlinesに吸収されるという過程を辿ってきました。

私の知る限り次のエアラインです。
American Eagle
AIRCAL(←AIR CALIFORNIA)
RenoAIR
TWA
です。この中で、TWAは大物過ぎるので、別に記事をアップします。

本日は他の3つのエアラインについて記載したいと思いますが、いずれも米国内のエアラインですので、American Airlinesが海外に展開したのは、TWAを吸収してからということになります。

American EagleはAMRのリージョナル部門として、別途通常に運航されています。掲載したモデルはSAAB340のSNAPFITモデルです(SNAPFITモデルをこのブログで掲載したのは初めてです。)

次に、AIRCAL(←AIR CALIFORNIA)ですが、どちらかというとB737のコレクターにとっては、AIR CALIFORNIAの-100の方が、いかにも“CALIFORNIA”という色遣いで人気が高いと思います。もう1機のB737はAIRCAL時代の-300です。
AIRCALは1967年に設立され、1987年には運航を停止してしまいました。

もう1機AIRCALカラー、American AirlinesロゴのMD-80を掲載しました。

最後の1機ですが、1992年に運航を開始し、1998年に運航を停止して1999年American Airlinesに吸収されたRenoAIRのMD-83です。
掲載モデル:
American Eagle SAAB340 (SNAPFIT)SKYMARKS 1:80(番号:803)
AIR CALIFORNIAB 737-100 SMA 1:400(番号:2391)
AIRCAL B737-300 Jet-X(DRAGON)1:400(番号:914)
AIRCAL/American Airlines MD-80 Jet-X 1:200(番号:2938)
RenoAIR MD-83 DRAGON 1:400(番号:914)
262.jpg

264.jpg
004_20130707070922.jpg
006_20130707070923.jpg
188_20130707070925.jpg
191_20130707070927.jpg
229_20130707070929.jpg
022_20130707071006.jpg
038_20130707071007.jpg
206_20130707071009.jpg
240.jpg
242_20130707071051.jpg
254_20130707071053.jpg
269_20130707071054.jpg
044_20130707071712.jpg
045_20130707071713.jpg
056_20130707071715.jpg
057_20130707071716.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。