YOKOHAMA AIRLINE MODELS

蒐集した3400機のエアラインモデル(カーゴ含む。ダイカスト製、プラスチック製)について掲載していきます。エアライン専門でミリタリーはないので、ご注意ください(軍用転用は含む。例 エアフォース・ワン)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まず、最初のDC-6Bはエナジー・ドリンクナンバー1の“Red Bull”の地元のオーストリア・ザルツブルク“Hanger-7”の所有機です。
以前は“ Red Bull Museum”と言っていたように記憶しているのですが、航空機の部門を切り離して“Hanger-7”と言っているようです。

私はレジが“N996M”なので、アメリカのMLSのニューヨーク・レッドブルズのモデルかと誤解していました(日本代表のオーストラリア戦で最後に1点返されたあのケーヒルが所属しています)。いくらなんでもDC-6Bでは古すぎますよね。

本当に“Red Bull”は儲かっているのですね。あんなタダ同然の飲料を216円で販売しているのですから、儲かるはずです。

この他にもサッカーチームでは地元にレッドブル・ザルツブルク、F1のレッドブル・ルノーなどを所有しています。

因みにF1のレッドブル・ルノーですが、2013年まで4連覇していましたが、あまりに強すぎたためでしょうか2014年からF1マシンの規格が変更され、メルセデスに大差をつけられています。

エナジー・ドリンクは男の飲料だと思っていましたが、まだ勤めていた頃に朝のエレベーターで隣になった女性のバッグに“Red Bull”が入っていたのを見て驚きました。
「キャリア・ウーマンも大変だな」と思いました。私は朝からエナジー・ドリンクが必要なほど真面目に仕事してなかったので・・・

肝心のモデルですが、とてもきれいで重量感溢れるモデルです。最初はherpaの1:500を購入したのですが、1:200も欲しくなって購入してしまいました。

さて、問題は“Red Bull”ではなく、次の“Black Energy Drink”の方です(11/18の記事でアナウンスしていました)。

“Black Energy Drink”といってもほとんどの方はご存知ないと思いますが、LOTと同じポーランドのエナジー・ドリンクの一種です。
私が調べた範囲では日本では販売されていませんし、個人輸入することもできないと思います。

何よりイメージキャラクターにボクシング元ヘビー級チャンピオンのマイク・タイソンを起用していることが驚きです。
彼はレイプの罪で懲役6年の実刑(3年で出所)に服しています。そのような人物をイメージキャラクターとするエナジー・ドリンク(というよりは精力剤に近い扱いです)の広告塗装をした飛行機をナショナルフラッグキャリアーのLOTが飛ばすことも驚きですが、
こういうことには神経質なはずのドイツで、そのモデルをherpaが製造販売したことも驚きです。

ということで、このモデルは日本ではまず考えられないモデルです。
日本にあるのはせいぜいJASのA300“POCARI SWEAT”くらいでしょうか。
今度このA300“POCARI SWEAT”広告塗装機の記事も掲載したいと思います。
掲載モデル:
THE FLYING BULLS DC-6B herpa 1:200(番号:3285)
LOT ERJ-175 “Black Energy Drink”(番号:3538)

465_20141130094520c11.jpg
468_20141130094522485.jpg
472_20141130094523f38.jpg
474_20141130094524e4d.jpg
478.jpg
480.jpg
484_20141130094556845.jpg
488_201411300945576c3.jpg
493_20141130094559a82.jpg
スポンサーサイト

アイゼンハワーは何故かコンステレーションを好みましたが、35代 ジョン・F・ケネディと36代 リンドン・ジョンソンは、ダグラスに戻ってDC-6ベースのVC-118Aに乗ります。

記録としてはだぶるのですが、35代 ジョン・F・ケネディ、36代 リンドン・ジョンソン、37代 リチャード・ニクソン、38代 ジェラルド・フォード、39代 ジミー・カーター 、40代 ロナルド・レーガンはB707ベースのVC-137Cに乗っています。ケネディ大統領の時には通常はVC-137Cでしたが、ジェット機の乗り入れが困難な空港の場合にはVC-118Aが使用されたようです。

なお、“Air Force One”という言葉を便宜上使ってきましたが、“Air Force One”はアメリカ大統領が空軍機に乗った時のコールサインだそうです。違う空軍機に大統領が乗れば、その飛行機が“Air Force One”になります。

私の記憶では映画“インデペンスデイ”で大統領が自ら戦闘機を操縦し、宇宙からの侵略者と戦いますが、この時はこの戦闘機が“Air Force One”になったのでしょうね。

そして 41代 ジョージ・H・W・ブッシュからは現在のVC-25が使われています。運用は1990年からということなので、まだ23年間ですから、意外に期間はさほど長くはなく、B747-8Iの安全性を確認するまで十分運用可能なようです。
掲載モデル:
DC-6-VC-118A HOBBYMASTER 1:200(番号:2884)
B707-300/VC-137C herpa 1:500(番号:236)
097_20130627203338.jpg
102_20130627203340.jpg
106_20130627203341.jpg
107_20130627203343.jpg
111_20130627203345.jpg
082_20130627203412.jpg
086_20130627203414.jpg
096_20130627203416.jpg
078_20130627203411.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。