YOKOHAMA AIRLINE MODELS

蒐集した3400機のエアラインモデル(カーゴ含む。ダイカスト製、プラスチック製)について掲載していきます。エアライン専門でミリタリーはないので、ご注意ください(軍用転用は含む。例 エアフォース・ワン)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JAS 1:400 A-300(B2) JA8466を出品しました。

メーカーは、購入元は、「Big Bird」としていますが、海外サイトの言うことはあまりあてにできません。

皮肉なもので、2月、3月があまりにも暇だったので、退屈しのぎにヤフオクに出品を始めたら、4月に入ってから店頭のお客様も増えて忙しくなりました。

しかし、お客様の好みがほとんど同じなので、そのジャンルの商品だけが売れてなくなっていくという状態で、うれしい反面、やや困惑もしています。

もう少し、コレクションの範囲を広げていただけれるとありがたいのですが、こればかりは個人の趣向のことなので、致し方ありませんね。
P1010149(4).jpg
P1010159(2).jpg
P1010169(2).jpg
P1010153(2).jpg






スポンサーサイト
本日は昨日の続きでA300B4中心に掲載します。

掲載モデル:
DHL A300B4 & Vickers 953C Merchantman AeroClassics 1:400(番号:420、421)
Cargo Center herpa 1:500(519647) 

517_2015021107420461e.jpg
520_201502110742067a7.jpg
528_20150211074306d38.jpg
533_2015021107430943e.jpg
537_2015021107431288b.jpg
548_2015021107431696c.jpg
551_20150211074404f70.jpg
559_20150211074405531.jpg
577_2015021107440751f.jpg
505_20150211074156cbe.jpg
506_20150211074200981.jpg
511_20150211074202b25.jpg
11/30の記事でアナウンスしていましたJASのA300-600R“POCARI SWEAT”の広告塗装です。

このA300-600Rは1998~1999年にかけてタイトルの“POCARI SWEAT”の塗装を施され、その後JASの通常塗装を経てJALの“太陽のアーク”塗装となり、すでに退役していると思われます。

私見ですが、JASの垂直尾翼の色合いとマッチしない気がします。ANAだったらきっとフィットしただろうなと思います。

メーカーは頭も尻も隠したJCWINGSなので、ちゃんと記録しておかないと後からメーカーがわからなくなります。

このモデルもJASと“POCARI SWEAT”のロゴが入った木製スタンド付きで、JCWINGSはいくらなんでもやり過ぎではないかと思います。
掲載モデル:
JAS A300-600(正確には622)R“POCARI SWEAT” JCWINGS? 1:200(番号:3566)
628.jpg
630.jpg

633.jpg
637.jpg
639.jpg
642.jpg

Air Niuginiはパプアニュギニアの国営航空です。現在はA300B4は退役しているので、このデザインの飛行機は飛んでおらず、垂直尾翼に小さく国鳥の“ゴクラクチョウ”が描かれているだけです。

このモデルはherpa1:500の旧ギアですので、全く人気がありませんが、現在のようなラッピングではなく、機体にこれだけ大きく描いている点では貴重なモデルだと思います。

A300B4かつ旧ギアという不人気なジャンルですが、本当に見事なモデルですので、お安く取得できますし、お手元に置くことをお勧めしたい一品です。
掲載モデル:
Air Niugini A300B4“ゴクラクチョウ” herpa 1:500(番号:3391 以前から持っていましたが、番号を付けていませんでした)

198_20140618072115c3a.jpg
201_20140618072116c22.jpg
202_201406180721184ed.jpg
206_20140618072119cd9.jpg
208_20140618072120a0f.jpg
タイトルの最終回です。
結局、このAirbus A300もA300B4からA300-600に単純に発展したのではなくて、間にA310開発によるテクノロジーの発展があったことになります。機体のサイズでいえば、原型→短胴化→延長型ということになります。

A300-600は、A300B4から単純に発展した型ではなくて、A310の技術を取り入れ、A300B4の3人乗務から2人乗務可能になっています。つまり、A310の胴体を7.48m延長したもの、といえます。

モデルですが、外箱にA300-600と記載されていても、たいてい次の-600Rです。ご紹介しているherpa 1:400のQATARも外箱には“A300-600”と記載されていますが、実際は“-622R”です。
モデルとしては掲載したDRAGON 1:400のH/Cしかないのだろうと思います。

A300-600の最大離陸重量増加、航続距離延長型が、A300-600Rです。
GE製エンジン搭載型が-605R、P&W製エンジン搭載型が-622Rです。
日本エアシステム(日本航空受領の1機)が運用していたものは-622Rで、25/6/6の記事の“DREAM SKYWARD”です。

これ以外にA300-600ST Beluga(24/12/15の記事)、A310のMARRIT(26/2/1の記事)があり、これらを含めたものがAirbusA300、A310ファミリーということになります。

掲載モデル:
A300-600 H/C DRAGON 1:400(番号:400)
air Hongkong(DHL)A300-605R(F)BBOX 1:400 これも前々回ご紹介したCONTINENTALと同じで、地上車両とメタルスタンドが付属しているお得なモデルです。(番号:420)
QATAR A300-622R herpa 1:400(番号:3390 以前から持っていましたが番号を付けていませんでした)
091_20140615075057236.jpg
095_2014061507505985c.jpg
098_201406150751000c6.jpg
101_201406150751024f1.jpg
103_20140615075103a96.jpg
121_201406150751370b2.jpg
127_201406150751393a9.jpg
132_20140615075141912.jpg
133_20140615075142dc0.jpg
126_20140615075138f77.jpg
136_20140615075208fec.jpg
141_20140615075210eb0.jpg
142_20140615075211476.jpg
147_20140615075212d1a.jpg
150_20140615075213c92.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。