YOKOHAMA AIRLINE MODELS

蒐集した3400機のエアラインモデル(カーゴ含む。ダイカスト製、プラスチック製)について掲載していきます。エアライン専門でミリタリーはないので、ご注意ください(軍用転用は含む。例 エアフォース・ワン)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月6日JALグループのJ-AIRの大分空港から大阪空港に到着したCRJ-200の右側エンジンから出火し、消火システムを作動させて、エンジンを停止させるという事故が発生しました。

ちょうどGWの帰省ラッシュで満席でしたが(定員50名)、乗客に怪我人などはなくてなによりでした。

最初の報道では出火の状況がはっきりしていませんでしたが、後の報道ではエンジンの内側ではなく、外側に燃えた跡があるとのことで、その後の調査結果はまだわかりません。

CRJ-200(JALのは正式には-200ERだと思います)は、結構古い飛行機だと思います。現在は、CRJ-700、CRJ-900が主力ですので、もう生産停止しているかもしれませんね。JALグループはSAAB340とか、結構古い飛行機をまだ使用していますね。

掲載した写真の1機目は、正規品のherpaの1:500です。もう店頭には残っていないモデルで、オークションに出品されないと入手できない貴重なモデルになっています。

2機目(後の3枚の写真)はJCWINGS?が海外サイトで発売している1:400のコピー商品です。1:400なので、それなりに存在感はあるのですが、写真ではわかりませんが、カラーが真白で、JALの正規品のカラー(微妙に薄茶色っぽい)とは少し違いがあります。
掲載モデル:
JAL CRJ-200ER herpa 1:500(番号:2861)
JAL CRJ-200ER JCWINGS?1:400(番号:2142)
118_20130518002738.jpg
124_20130518002740.jpg
125_20130518002741.jpg
127_20130518002742.jpg
129_20130518002744.jpg
133_20130518002830.jpg
137_20130518002833.jpg

 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。