YOKOHAMA AIRLINE MODELS

蒐集した3400機のエアラインモデル(カーゴ含む。ダイカスト製、プラスチック製)について掲載していきます。エアライン専門でミリタリーはないので、ご注意ください(軍用転用は含む。例 エアフォース・ワン)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤフオクに出品 BRAANIF L-1011 Black他写真のモデルです。本当は毎日のように出品しているのですが、ブログまで手が回りません。

大変だ!その1 1月に台湾から日本に来られる方がエアポートジオラマスタジオに来たいとのe-mail。そんな世界に打って出る気などないのに。エアライン誌は台湾でも読まれているのですね。すごいな。

大変だ!その2 著名な航空写真家、チャーリィ 古庄さんが成田にオープンした「フライトショップチャーリィズ」に私のコレクションが何点か行っています。しかし、とても世界中のエアラインモデルの供給は続きません。

大変だ! その3 調子に乗って1:400のANAのB777-300ERのモデルを販売していたら、在庫なしに。世界中探しても、メーカーがB787-9に生産を移行してしまい、もうほぼ入手困難です。当店には-200ERしかありません。
1:200が主流の流れにもうお手上げです。でも、1:400で行けるところまで行きます。
P1020553(1).jpg
P1020555(1).jpg
P1020557(1).jpg
P1020559(1).jpg
P1020561(1).jpg
P1020563(1).jpg
P1020565(1).jpg
スポンサーサイト



1/400 L-1011 トライスター BBOXヨルダン・アビエーション同STAR AIR、同air transat、同ロイヤル・ヨルダン航空、Sovereign、GULF AIR、Gemini Delta、DRAGON EASTERNの7モデルを同時に出品しました。

おかげさまで、1:400のB747のクラシックジャンボはカーゴも含めて全部落札されました。しかし、落札額は購入額を上回ったものはほとんどなく、大半が3分の1程度でした。

今週のトライスターは、落札されないものもあるかもしれません。やはり馴染みのない飛行機、エアラインのモデルの評価は、予想よりもかなり低いと思います。
P1010573(1).jpg
P1010575(1).jpg
P1010577(1).jpg
P1010579(1).jpg
P1010585(1).jpg
P1010587(1).jpg
P1010589(1).jpg

今回開設するエアポートジオラマスタジオ事業の一般見学日に、来客していただいた方に展示モデルのリストをお配りしようと思っています。
箱も一緒に展示できればいいのですが、棚のサイズによってはできないと、詳しくない方は何が展示されているかわからないと思いますので。

パソコンにリストは保存していますが、モデル本体には番号が付いていません。
当初はテプラで作製しようと思ったのですが、時間はかかるは、お金はかかるはで(テプラのテープはすぐになくなるし、高いです)、手書きのシールを貼ることにしたのですが、1~約3900まで手書きで数字を書くだけでも大変な作業でした。
今更ながら自分がずいぶんアホなことをしてきたなと実感しています。

それと現在古物商の許可を申請しています。
私の母が茶道の師範をしていて高価な道具もあったと思うのですが、本人は痴呆で介護施設に入居してしまったので、私が処分したのですが、素人には価値がわかりません。

一般の古物商に見てもらうと足元を見られて嫌な思いをするだけというアドバイスもいただき、全部カルチャー教室に寄贈し、喜んで貰いました。

エアラインモデルのコレクションは、日本では一部の方を除いて20~25年くらいの歴史だろうと推測しています。
だとすると、初期のコレクターの方がお亡くなりになったり、介護施設に入居するために処分しなければならない時期に来ていると思います。

私の母の茶道具同様、残された者にとってはただのゴミですが、中には希少なモデルがあり、そういうものが処分されずに、保存される受け皿を作りたいと考えました。
あわせて、さほど希少ではないモデルについては、手頃な価格で次の世代のコレクターの方たちへの橋渡しをしたいと考えています。

私の感覚では現在発売されるエアラインモデルの価格は、1.5~2倍くらいに値上がりしていると思います。
因みに、herpa1:500のATR-72ですと、現在定価4,104円(税込)ですが、私が一番安く買っていたものは1,890円(税込)です。

私は自分が大好きなエアラインモデルのコレクションという趣味を一部のお金持ちのものにはしたくないと考えています。

モデルの流れは1:200に集まっていますが、日本の住宅事情では1:200でコレクションを増やしていくというのは、現実的ではないですね。
私も最近はなるべく1:200は購入しない(というより、高くてできない)ようにしています。
掲載モデル:全て1:500のL-1011 Tristerです。
EASTERN:白:INFLIGHT(番号:749)、ポリッシュ:StarJets(同:432)
HAWAIIAN:herpa(同:783、2090)
SAUDI ARABIAN:StarJets(同:1378、2992)
air transat:StarJets(同:282)
BRITISH AIRWAYS:herpa(同:3434)
TWA:herpa(同:630)
AMERICAN INTERNATINAL AIRWAYS INFLIGHT(番号:54)
ATA:herpa W/C(同:2555)
Thai Sky Airlines:Expresso Wings 351/425のシールが貼ってあいますが、あてにならないですね(同:66)
LOCKHEED H/C:StarJets(同:1379) 
なお、空港建物、アクセサリー類は1:500のものを全部一緒にまとめてしまったので、何を使用しているかわかりません。
036_201504110811237ad.jpg
041_20150411081129e10.jpg
043_20150411081134609.jpg
046_20150411081140e89.jpg
048_201504110811487b0.jpg
050_201504110812320d7.jpg
051_20150411081235914.jpg
053_20150411081238f57.jpg
059_20150411081243633.jpg
060_20150411081248921.jpg

今般事業を開始するにあたって数百万円ですが借入をしました。自己資金でできないこともなかったのですが、自分が現役の時は金融機関の融資担当だったので、真逆の立場になってみるとどうなるのか経験してみましたが、お金を借りるのは大変です。とてもいい勉強になりました。

自分が融資担当だった時は、社長に「そんなに借りても返せないでしょう。もっと、計画を圧縮しなさい」と指導していましたが、いざ事業者になると「ここをこうすれば、もっと良くなる」となって計画は膨らむ一方で、削減するのは大変難しいことです。

それと自分で事業を起すということは大変なことだということがよくわかりました。
自分の過去の行いの反省も込めて、金融機関の職員は融資先、とくに起業家をもっとリスペクトするべきだと思いました。

ただし、融資と投資は違います。融資を受けたら、利息を払って利益を出して利益から元金を約定返済しなければなりません。
その点投資は一旦投資を受けてしまえば、赤字垂れ流しでも株主に配当も返済もしなくていいので、経営者の中にはまるで「貰ったもの」のような感覚で経営している人もいます。

前置きが長くなりましたが、本日掲載した写真は、融資を受ける際に金融機関に提出するために、いくら“エアポートジオラマ”を説明しても理解してもらえないだろうと思い、“エアポートジオラマ”はこのようなものと説明するために、とりあえず製作してみたというもので、一々考えるのも面倒だったので、全てL-1011 Tristerで統一してみました。

しかし、さすがにモデルをいくら3900機(もうすぐなりそうです)持っていると言っても信用されなかったようで、自宅に現物確認に来られました(まあ、融資担当者としては当然だと思います)。
一部屋全部モデルのケースで埋まっているのを見て、納得していただけたようで、無事審査にパスしました。

せっかく苦労して作って撮影したので、2回に分けて記事を掲載させてください。
ジオラマのいいところは、間違って2機買ってしまったモデルでも並べて利用できるところですね。
掲載モデル:全て1:500のL-1011 Tristerです。
EASTERN:白:INFLIGHT(番号:749)、ポリッシュ:StarJets(同:432)
HAWAIIAN:herpa(同:783、2090)
SAUDI ARABIAN:StarJets(同:1378、2992)
air transat:StarJets(同:282)
BRITISH AIRWAYS:herpa(同:3434)
TWA:herpa(同:630)
AMERICAN INTERNATINAL AIRWAYS INFLIGHT(番号:54)
ATA:herpa W/C(同:2555)
Thai Sky Airlines:Expresso Wings 351/425のシールが貼ってあいますが、あてにならないですね(同:66)
LOCKHEED H/C:StarJets(同:1379) 
なお、空港建物、アクセサリー類は1:500のものを全部一緒にまとめてしまったので、何を使用しているかわかりません。
001_20150407070856947.jpg
007_2015040707090661d.jpg
010_20150407070913fbc.jpg
014_201504070709218d6.jpg
018_20150407070928d30.jpg
021_201504070710131ac.jpg
022_20150407071018a0b.jpg
AeroPeruは1999年に運航を停止したエアラインで、FAUCETTPERUは1997年に運航を停止したエアラインとなっています。

そうするとこのFAUCETT、AeroPeru L-1011のHybrid塗装は両エアラインの統合前の塗装ということだと思います。
しかし、FAUCETTPERUよりもAeroPeruが長く存在したということが理解不能です。

レジ:OB-1455でAIRLINERSNETを検索すると、1992年までのこの塗装の写真が掲載されています。

本当はFAUCETTPERUの機体前部から赤、白、赤のあのきれいなL-1011のモデルが欲しかったのですが、外箱の写真はそうなのに何故か中身はこのモデルでした。
INFLIGHTの1:200ならFAUCETTPERUの機体前部から赤、白、赤のきれいなモデルがあるのですが、高価でとても手が出ません。

最近は以前と比較して相当の円安なので海外のサイトから購入すると、送料を含めると却って割高になってしまいます。もちろん国内でのモデルの価格も上がっていますし、モデルを蒐集しにくい環境になってしまいました。モデルショップの方も困っているようです。
“アベノミクス大迷惑!”

とにかく私としては“外してしまったHybrid塗装”のモデルです。
掲載モデル:
FAUCETT AeroPeru Hybrid塗装 L-1011 BBOX 1:400(番号:3523)
257_20141119093444126.jpg
261_201411190934469eb.jpg
264_2014111909344793b.jpg
266_20141119093448040.jpg
269_20141119094435c16.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。