YOKOHAMA AIRLINE MODELS

蒐集した3400機のエアラインモデル(カーゴ含む。ダイカスト製、プラスチック製)について掲載していきます。エアライン専門でミリタリーはないので、ご注意ください(軍用転用は含む。例 エアフォース・ワン)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
落札されなかったモデルに加えて、写真のモデルをヤフオクに出品しました。全て1:400です。今回の私のお勧めはDRAGONのA380中間塗装とNAVIGATERのDELTAのDC-9です。

DRAGONのA380中間塗装はDRAGONがエアラインモデルから撤退してしまったので、おそらくもうこのような変わったモデルを1:400で製造販売するメーカーは現れないと思います。


NAVIGATERは聞き慣れないメーカーですが、このDELTAのDC-9のモデルの出来映えは明らかにGemini、AeroClassicsを上回っています
P1010714(1).jpg
P1010716(1).jpg
P1010720(1).jpg
P1010722(1).jpg
P1010724(1).jpg
P1010728(1).jpg
P1010729(2).jpg
P1010738(1).jpg
P1010740(1).jpg
P1010744(1).jpg
P1010746(1).jpg
P1010742(1).jpg
P1010748(1).jpg
スポンサーサイト
TRANSAEROの経営危機のニュースを知って驚きました。アエロフロートが吸収する方向だったようですが、予想以上にTRANSAEROの経営状態が悪かったのでしょうか?

確かに路線がない所は仕方がないですが、アエロフロート以外のロシアのエアラインはちょっと怖くて乗る気はしないと思いますが・・・

私は以前からこのブログで、何故AIR FRANCEがTRANSAEROのこの塗装を許しているのかわからない、と書いてきましたが、未だにその理由がわかりません。

事情をご存じの方がいらしたら教えてください。
どう見てもそっくりですよね。知らない人が見たら、きっとAIR FRANCEの系列エアラインと勘違いするでしょう。
まあ、TRANSAEROが消滅すれば、この疑問の意味がなくなるのですが。

(掲載モデル:TRANSAERO B767―300 AeroClassics  1:400 AIR FRANCE A380 Gemini 1:400)
P1000534(1).jpg
P1000541(1).jpg
RUGBY 2015 WORLD CUP England大会は9月18日から開催されますが、何故、WORLD CUPなのに日本代表にこんなに外国人選手が多いのと思われる方も多いと思います。

私も聞いた話なので詳しくは知りませんが、ラグビーのワールドカップは国の代表ではなくて所属するラグビー協会の代表戦だからだそうです。

そのため、イギリスはイングランド、ウェールズ、スコットランドと3地域が参加します。

エアラインモデルの世界でいうと、とにかくエア・ニュージーランドのオールブラックス塗装機に対抗して、オーストラリアのカンタスがワラビーズ塗装機を飛ばすので、スポーツに係る特別塗装機の中では、サッカー、オリンピックに次いで3番目に多いと思います。

モータースポーツを含めると、F1がレース開催地のエアラインが特別塗装機を飛ばすのでいい勝負かなと思います。

さて、もはやA380といえば、Emiratesというくらい絶大な存在感がありますが、ちゃっかり、EXPO 2020 DUBAI UAEのラッピングもしているところがしたたかですね。
(掲載モデル:RUGBY 2015 WORLD CUP England Emirates A380 Gemini 1:400)
P1000470(1).jpg
“F1に係わるモデル”シリーズは25/12/19「QANTAS 2000 AUSTRALIAN GRAND PRIX“のその8に続いて今回がその9でした。タイトルを訂正しています。まあ、どうでもいいことですが・・・
とにかく久しぶりの“F1に係わるモデル”シリーズです。

“2014 SINGAPORE GRAND PRIX”は第14戦として9月21日に開催され、メルセデスのルイス・ハミルトンが優勝しています。

今シーズンは全てのレースが終了しており、ドライバーズ部門はルイス・ハミルトンがチャンピオンに、コンストラクターズ部門はメルセデスが、ぶっちぎりで獲得しています。

SINGAPOREのモデルですが、A380の機体右側前部の下部に小さくラッピングされているだけなので、ほとんど“F1に係わるモデル”とは言えないような控え目なものです。

掲載モデル:
SINGAPORE A380“2014 SINGAPORE GRAND PRIX”
phoenix 1:400(番号:3592)

193_20150110080139bde.jpg
196_201501100801418c1.jpg
199_20150110080143b46.jpg
202_20150110080144d1c.jpg
206_201501100801469ed.jpg
207_201501100802044e0.jpg
このモデルもEmiratesお得意の機体前部に簡単にラッピングしたモデルです。
以前にテニスの“US OPEN”のA380をご紹介しましたが(25/7/9)、よく似た感じです。
Emiratesは上海万博の中国東方航空のような派手な特別塗装をするつもりはないようです。
しかし、世界で飛んでいるA380の3分の1以上がEmiratesというのはすごいとしかいいようがないですね。

お金持ちのDUBAIが開催する中東で初めての万博とのことです。詳しい情報はわかりませんが、多分登録博(以前の「一般博」)で間違いないでしょう。

2020年のDUBAIの前に2015年にミラノで開催されますが、こちらの方のモデルはまだ見たことがありません。
掲載モデル:
Emirates A380 “EXPO 2020 DUBAI UAE” herpa 1:500(番号:3356)

333_20140603075958ac0.jpg
336_20140603080000f63.jpg
337_20140603080001366.jpg
341.jpg
343_2014060308000428b.jpg
347_20140603080037fbd.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。