YOKOHAMA AIRLINE MODELS

蒐集した3400機のエアラインモデル(カーゴ含む。ダイカスト製、プラスチック製)について掲載していきます。エアライン専門でミリタリーはないので、ご注意ください(軍用転用は含む。例 エアフォース・ワン)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



前回落札されなかったモデルとタイトルのモデルを出品しました。前回は予想通りDC-10の方が多く落札されました。

正確な理由はわからないのですが、当店でも売れ行きは、DC-10の方がいいです。

加えて、おそらくBBOXのトライスターのモデルを知らないコレクターが多いのだと思います。

私も書き忘れたのですが、あのエンジンカバーは取り付け、取り外し可能です。モデルの出来映えもGeminiよりもずっと上です。

AmericanのDC-10-30とソブリンのGULF AIRのトライスターはお買い得です。
P1010616(1).jpg
P1010618(1).jpg
P1010620(1).jpg
P1010622(1).jpg
P1010626(1).jpg
P1010628(1).jpg
P1010641(1).jpg
P1010643(1).jpg
スポンサーサイト

先日のLー1011 トライイスターに続いて、DC-10、MD-11の7モデルを出品しました。

1/400 DC-10-30 Gemini NORTHWEST N226NW 同SKYJETS AIR NEW ZEALAND ZK-NZN、同 VARIG PP-VMX、同DRAGON American N137AA、DC-10Aviation400 IBERIA EC-CBO、1/400 MD-11 phoenix CHINA AIRLINES O/C B-153 同MD-11F Martinair CARGO PH-MCWです。

こう暑い日が続くとご来店ください、とも言えないので・・・
せめてオークションでお楽しみください。と言っても3発機マニアの方限定ですが。
P1010594(1).jpg
P1010596(1).jpg
P1010598(1).jpg
P1010600(1).jpg
P1010604(1).jpg
P1010606(1).jpg
 なぜかIBERIAの写真が掲載できません。ヤフオクで見てください。 

年明けからあまりいい話題でブログが書けなかったので、本日はちょっと趣を変えて記事を掲載しました。

掲載した写真はALITALIAのDC-8-62(新旧塗装)です。ALITALIAは最近、塗装を変更しているので、本当は旧々塗装と旧塗装なのかもしれませんが、DC-8としては、このように呼ぼうと思います。

エアポートジオラマスタジオをオープンして、私としてやや驚いているのですが、日本で使用された機材でありながら、DC-8は全く人気がないということが判明しました。

今までの来場者の方で、DC-8のコレクションに関心を示された方は一人もおられません。

理由はよくわからないのですが、おそらく私以上の年齢の世代でないと、DC-8という飛行機については名前くらいしか知らないということなのではないかと思います。

DC-8は10シリーズから60シリーズまで製造され、さらに60シリーズのエンジンを換装して70シリーズが貨物機として使用されているので、実に全20機種に及びます。

さらに貨客型を含めると、25機種を超えます。

おバカな私は一時期1:400と1:500で全機種のDC-8を集めようとしたことがありました。そして20機種のうち、17機種までは集めましたが、3機種はどうしても集められず、多分モデル自体が発売されていないのだろうと思っています。

その3機種は-12,-31,-72です。もし、このモデルをお持ちの方がおられたらご連絡ください。できれば写真をメールに添付して送っていただけるとありがたいです。ぜひブログでご紹介したいと思います。

「待てよ-41もないぞ!」と思われた方、相当DC-8についてお詳しい方とお見受けいたしますが、-41のモデルは有ります。

答えはここでは明かしません。ぜひ、エアポートジオラマスタジオにご来場いただき、実物をご覧ください。
(掲載モデル:ALITALIA DC-8-62H AeroClassics 1:400)
P1000834(1).jpg
P1000838(1).jpg
秋葉原T店さんのHPのtwitterに新EASTERN B737-800Wの初飛行の記事(テスト飛行だと思いますが)が載っていましたので、私も本日はこの記事にしました。 

本当に実現するか、実現しても短命に終わってしまうのかわかりませんが、とにかく新EASTERNのB737-800Wが登場しました(レジ:N276EA)。

今まで機会がなくて、EASTERNのモデルをご紹介したことはなかったと思いますが、私はすっきりしたEASTERNのデザインが好きです。
“Polish”のモデルもありますが、ほとんど機体のデザインの変更がなかった珍しいエアラインだと思います。

それにしても、このモデルをいち早くモデル化したのが、phoenixでもJCWINGSでもなく、AeroClassicsだというのが驚きです。
掲載モデル:
新EASTERN B737-800W AeroClassics 1:400(番号:3600)
旧EASTERN DC-9-30 INFLIGHT 1:200(番号:1777)

108_20150106082638e12.jpg
112_20150106082640bdb.jpg
113_20150106082641b75.jpg
117_20150106082643d3b.jpg
120_20150106082644836.jpg
092_2015010608270936c.jpg
097_201501060827100f1.jpg
099_201501060827124f8.jpg
103_2015010608271376d.jpg
105_201501060827148d0.jpg
掲載順序が前後しましたが、本日はその2として、DC-8-11です。
レジ:N801EでAIRLINERSNETを検索すると、1964年の写真が1枚だけ出てくるのですが、前回掲載したMD-88と同じ通常塗装で、エンジンを換装したDC-8-51になっています。

しかし、後ろに映っているDELTAの航空機がこの写真の塗装ですので、この年代の塗装だと思われます。
因みにGeminiの1:400の外箱の記載では、Delivery Dateは“21 July 1959”となっています。

DC-8-11は合計23機製造され、導入されたのはUNUTEDとDELTAの2エアラインだけです。
掲載モデル:
DELTA DC-8-11 Gemini 1:400(番号:163)
098_2014121309424657d.jpg
102_20141213094248ed6.jpg
103_20141213094249b14.jpg
108_20141213094251c74.jpg
109_20141213094252f62.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。