YOKOHAMA AIRLINE MODELS

蒐集した3400機のエアラインモデル(カーゴ含む。ダイカスト製、プラスチック製)について掲載していきます。エアライン専門でミリタリーはないので、ご注意ください(軍用転用は含む。例 エアフォース・ワン)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
24/8/25にArmstrong Whitworth AW-650 Argosy 222の記事を掲載しました。基本的な構造は変わっていませんが、AW-660は機体が瓢箪型ではなくなっていますね。

このモデルは、ROYAL AIR FORCEで使用されていた機材がフィリピン航空に払い下げられたもののようです。黒く塗りつぶされている部分がROYAL AIR FORCEのマークが書かれていた部分です。

ROYAL AIR FORCEのモデルは売り切れたようですが、このモデルは売れ残っていてT店のウェブサイトでセール品になっていました。

驚いたのは、Limited Edition“66”のカードが入っており、私が購入したモデルのSERIAL NO.は“3”でした。

私も長年コレクターをしていますが、さすがに“66”というのは初めてです。いくら生産数を少なくしても売れないものは売れないのがこの世界です。
掲載モデル:
Armstrong Whitworth AW-660 Argosy C1 INFLIGHT 1:200(番号:3170)

047_201312310849070d3.jpg
050_20131231084909c02.jpg
053_201312310849112fc.jpg
057_20131231084914859.jpg
060_20131231084948b43.jpg
スポンサーサイト

私はこの飛行機をタイトル通り“風変わりな飛行機№1”に推したいと思います。誰が何の目的でこのような飛行機を作ったのかわかりません。しかも名前がやたらと長いのです。

 

ただ、このモデルはエアラインですが、Aviation 200のこの飛行機のシリーズには軍用機もかなり含まれているので、最初は軍用が目的で民用にも転用されたのかもしれません。

 

とにかく、もうこの飛行機の形を見たら、今回の記事のタイトルも理解していただけると思いますので、写真をたくさんアップすることにします。

 

掲載モデル

Armstrong Whitworth AW-650 Argosy 222

IPEC(番号:1373)

210_20120825090615.jpg 213.jpg 213.jpg 216.jpg 222.jpg 225.jpg 227.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。