YOKOHAMA AIRLINE MODELS

蒐集した3400機のエアラインモデル(カーゴ含む。ダイカスト製、プラスチック製)について掲載していきます。エアライン専門でミリタリーはないので、ご注意ください(軍用転用は含む。例 エアフォース・ワン)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんでUNITED EXPRESS CRJ-700が“悲しみのジェットプレーン”
なんだ?と思われるのは当然です。

25/7/27(「花のサンフランシスコ」)、26/6/22(「カリフォルニアの青い空」)
に続いてのこじつけです。

実は私は“悲しみのジェットプレーン”は曲名からすっかりジェーファーソン・エアープレーンの曲だと思っていました。
そうしたら、ジョン・デンバーの曲だったのですね。
ジョン・デンバーと言えば、たいてい“Country Road・・・”か“Sunshine on my shoulder・・・”のどちらかで、“Leaving on a jetplane・・・”は出てこないと自分では納得したのですが。

それで、いつものamazonでジョン・デンバーのCDを買って聴いたら、「あれ、なにか違う?」と思いました。それでまた調べたら、全米1位になったのは、PPM(ピーター、ポール&マリー)の曲だったのですね。

ここからが“こじつけ”なのですが、歌詞のどこからも具体的なモデルは思い浮かびません。
日本からDenver International Airportに直行便があるのは、UNITEDだけです。

しかし、歌詞からDenverから日本に向かったとは考えられないのでDenverからJOHN DENVERが住んでいた冬の高級リゾート地のコロラド州 Aspen空港に通年運航されているのが、UNITED EXPRESS、ということでこのモデルになりました。
歌詞からみてリージョナルジェットではないとは思うのですが・・・

最後に、ジョン・デンバー1997年に53歳の若さで自ら操縦する軽飛行機の事故で亡くなっています。機種はわからなかったのですが、“悲しみのジェットプレーン”ではなくて“悲しみのプロッププレーン”だったようです。

飛行機事故で亡くなったことを意識して、この曲を聴くとまた違った感情が湧いてきます。
掲載モデル:
UNITED EXPRESS CRJ-700 Gemini 1:400(番号:408)
123_20150129081056ba4.jpg
125_20150129081057fd8.jpg

129_201501290810593fd.jpg
130_2015012908110188e.jpg
134_201501290811029a3.jpg
スポンサーサイト

なぜこのタイトルで記事をアップするかというと、いずれリアエンジンのターボファンジェット機はCRJのこの2機だけになると思うからです。

 

現在はまだ世界の空を飛んでいるリアエンジンのターボファンジェットで、おそらくTU-134はほとんどすでに退役していると思います。

 

次にFOKKER100、MD80/90が退役間近だと思います。あとはERJ-145、B717-200、CRJ-100/200ですが、ご承知のようにERJはERJ-170から主翼懸架式に変わっており、B717-200、CRJ-100/200も後継機は開発されていないので、いずれ姿を消すのは時間の問題です。

 

本当はこんなことは書きたくはないのですが、世界のAirlinerは、将来寡占化してゆき、個性的な飛行機はほとんどなくなり、同じような飛行機ばかりになることは、まず確実です。

 

そんな中でCRJ-700、900は唯一ERJと互角に近い戦いをしている唯一の個性的な飛行機となっているでしょう。

 

モデルを蒐集していて一番楽しいのは、同じ飛行機のエアラインの相違とか特別塗装とかではなく、他にない個性的な飛行機を入手した時です。

 

いずれご紹介したいと思いますが、ARMSTRONG WHITWORTH DW-650 ARGOSYなどは、世界にはこんな飛行機があったのかと、本当に関心してしまいました。

 

コレクターとしては燃費競争だけでない個性的な飛行機の登場を心待ちにしています。

 

掲載モデル いずれもGemini1:200

CRJ-700 UNITED 番号:2221

CRJ-900 DELTA 同:2222
009.jpg 012_20120808093342.jpg  015_20120808093415.jpg 018.jpg 020_20120808093447.jpg 022_20120808093507.jpg 027_20120808093621.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。