YOKOHAMA AIRLINE MODELS

蒐集した3400機のエアラインモデル(カーゴ含む。ダイカスト製、プラスチック製)について掲載していきます。エアライン専門でミリタリーはないので、ご注意ください(軍用転用は含む。例 エアフォース・ワン)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私はリージョナルジェット機でありながらエンジンを4基搭載するというおそらく唯一の機種で、今後も同タイプの航空機は開発されないと思われるこの飛行機が好きで、1:500(herpa)、1:400(GeminiとJet-x)、1:200(Jet-xとJCWINGS)の各サイズ合計で38機をエアポートジオラマスタジオに展示しています。

おそらくリージョナルジェット機としては安全性は抜群だと思いますが、反面、機材価格、運行コストも同じ用途のリージョナル機に対して相当高かっただろうと推測され、残念ながら2001年に製造停止になってしまいました。

本日写真を掲載した2機は、ハウスカラーとPSAカラー(機首の笑顔の口元のようなラインが特徴です)で、レジ(G-SSHH、G-OPSA)も違うのですが、どうも同じ飛行機のようです。

レジを追っていくと最終的にはN5828Bとなって、PSAに納入されたようです。
しかし、直後にPSAはUSエアウェイズと合併してしまったので、PSAカラーのN5828BのBAe-146-100の写真は多く残っていません。

この飛行機は日本のエアラインには納入されなかったので日本での人気はあまりないと思いますが、何と言っても製造元がBAEシステムズですから、頑丈に作られていると思いますので、今後も長く活躍して欲しいと思います。

話は横道に逸れますが、ちょっと前に日本のどこかのエアラインで客室乗務員のスカート丈が話題になっていましたが、PSAの客室乗務員のスカート丈からすると「何か問題?」というレベルです。興味のある方は“PSAの客室乗務員のスカート丈”を調べてみてください。

他にも日本にもお店があるスポーツバーの“Hooters”は2003~2006年までエアラインを運行していて、「フーターズ・ガール」(タンクトップとオレンジ色のホットパンツ)が同乗していたそうです。

やはり客室乗務員さんは男性にとって憧れの存在なのですね。

(掲載モデル:BAe-146-100 ハウスカラー&PSAカラー Jet-x 1:200)
P1000521(1).jpg
P1000526(1).jpg
スポンサーサイト
もともとherpaの1:500でこのモデルは持っていたのですが、1:200のモデルがあったので購入しました。sabenaの“75th”の記念塗装だったのですね。

とにかくsabenaについては“エアライン界の問題児”と散々書いてきました。
sabenaは1923年に設立され、2001年に破綻しています。
“75th”というと、1998年ですから、破綻する僅か3年前の塗装ということになりますね。

herpaの1:500ではわからなかったのですが、緑、赤、黄色、青、グレーで書かれている模様はsabenaの“S”のようです。

ベルギーはアザール、コンパニー、フェライニ、ヤヌザイ、クルトワなどサッカー選手はいい選手が多いのにエアラインはどうしてダメなのでしょうか? 関係ないか・・・

最近のJCWINGSは頭(外箱としましょう)と尻(機体本体としましょう)ともに隠していますが、発売当初は頭も尻も隠していませんでした。このモデルは「尻隠して頭隠さず」のパターンですが、逆パターンもあります。
掲載モデル:
sabena BAe-146-300“75th” JCWINGS 1:200(番号:3527)
517_20141114083211d27.jpg
520.jpg
522_20141114083214e4c.jpg
526.jpg
527_20141114083217ad7.jpg
まさかBAe 146にもH/Cモデルがあるとは思っていませんでした。
メーカーはもちろんJet-xです。

Jet-xは本当にBAe 146とL-1011にはおそろしく固執しますが、その他のモデルはDRAGONの金型を使用した結構いい加減なモデルが大半です。

Jet-xの1:400のモデルを買う時は、本当のJet-xかDRAGONのJet-xか見極めてから買わないといけませんね。

でも、なんかANAの通常塗装とよく似ていますね。
掲載モデル:
BAe 146-200 H/C Jet-x 1:200(番号:3384)
357.jpg
361_20140621082106f23.jpg
363_2014062108210896b.jpg
370_20140621082111824.jpg
367_20140621082109b76.jpg
当然と言えば当然ですが、RAFもBAe-146を使用していたのですね。
本当にJet-xのオーナーは現存していた全BAe-146をモデル化しようとしているのかもしれませんね。

1:400でBAe-146をモデル化しているのはJet-xとGeminiだけです。Geminiも長い間売れ残ったと思いますが、がんばってモデル化していましたが、もう長い期間新モデルは発売されていません。

1:400のコレクターの方は、Jet-xのモデルがあるうちに1機は買われておかれた方がいいと思います。リージョナルジェットの4発機という、他にはない存在ですから。

最近知ったのですが、左下のカテゴリのDE HAVILLANDが現BAeシステムの前身だったのですね。

掲載モデル:
RAF BAe-146 Jet-x 1:400(番号:3239)
274.jpg
279_20140417071659f68.jpg
283_20140417071700d8d.jpg
287_201404170717013ef.jpg
このモデルは1998年に導入された時に、BRITISH AIRWAYSのいわゆるCI活動の一環で、この“Chelsea Rose”尾翼でスタートしました。

以前記載したように、このCIは評判が悪く2006年には他機同様ユニオン・ジャックに塗り変えられ、現在は退役しているようです。

Chelseaは地名ですが、“Chelsea Rose”になると何か意味が変わるのかよくわかりません。場所としては、イングランドです。

このCI活動によるモデルはすでに25/12/5の記事で2機掲載していますので、3機目になります。この尾翼の特別塗装についてもシリーズ化したいと思っています。
掲載モデル:
BRITISH AIRWAYS BAe-146-300 “Chelsea Rose Jet-x1:400(番号:3269)

255_20140412075514490.jpg
258_20140412075516a30.jpg
260_20140412075517bd0.jpg
263_201404120755182c4.jpg
266_201404120755193c3.jpg
268_20140412075600eed.jpg
271_2014041207560249c.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。