YOKOHAMA AIRLINE MODELS

蒐集した3400機のエアラインモデル(カーゴ含む。ダイカスト製、プラスチック製)について掲載していきます。エアライン専門でミリタリーはないので、ご注意ください(軍用転用は含む。例 エアフォース・ワン)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトルのモデルを含む10点を新たに出品しました。お勧めはB.A Super VC-10です。1:400のコレクターでまだお持ちでない方は、ぜひ一考してください。AeroClassicsのB737の各モデルもお得です。
P1010955(1).jpg
P1010957(1).jpg
P1010959(1).jpg
P1010961(1).jpg
P1010963(1).jpg
P1010965(1).jpg
P1010967(1).jpg
P1010969(1).jpg
P1010971(1).jpg
P1010973(1).jpg


スポンサーサイト
タイトルのモデルを含む11モデルを新たに出品しました。こう暑い日が続くとお客様に来店くださいとは言えません。
せめて通販かヤフオクでお楽しみいただければと思います。

ヤフオクは手間はかかるし、落札価格は安いので損益的には赤字を増やすだけですが、資金的には僅かでも助かります。金融機関から借入をしないといけない立場なら、とても続けられません。
自分で事業をしてみると、損益と資金繰りの違いがよくわかります。

しかし、私もモデルが好きで、この事業をしているので、1:400のモデルは最低1000円の線は譲りたくありません。
大げさに言うとモデルに対するリスペクトの気持ちは持ち続けていきたいと思います。
P1010891(2).jpg
P1010893(1).jpg
P1010895(1).jpg
P1010897(1).jpg
P1010899(1).jpg
P1010901(2).jpg
P1010903(1).jpg
P1010905(1).jpg
P1010907(1).jpg
P1010909(1).jpg
P1010911(1).jpg










タイトルの2機セットを使用してジオラマを作ってみました。

この2機セットは日本では入手できず、ebayで購入しました。
AeroClassicsのA300とVanguardのセットですから、かなり高額になりました。
ただ、掲載した写真の通り、台数は少ないのですが、かなりしっかりした空港車両が予想外に付属していたので、その点はラッキーでした。

因みに海外のサイトでは、“With GSE”と掲載されています。私なりに解釈すると、“Ground Service Equippment“の略ではないかと思います。
たいてい千円程度の“Ground Service Equippment“が付属しているので、“With GSE”は狙い目だと思います。

なお、よくわからないのですが、Vanguardの貨物型改良機を“Merchantman”→“Merchantship(商船)と呼ぶようです。

このクラスのモデルになると、さすがにAeroClassicsと思えるのですが、最近発売しているA320やB737-700W、-800Wは、どうもAeroClassicらしくないですね。モールドも既存のメーカーと同じもののようです。

ジオラマを作るとつい写真を多く撮り過ぎるので、もったいないので本日はVanguard中心に、明日はA300B4中心に写真を掲載します。
掲載モデル:
DHL A300B4 & Vickers 953C Merchantman AeroClassics 1:400(番号:420、421)
Cargo Center herpa 1:500(519647) 

494_20150210081047feb.jpg
498_2015021008104988d.jpg
508_20150210081050df7.jpg
513_201502100810525cf.jpg
525_2015021008105480c.jpg
543_20150210081155bd3.jpg
546_20150210081156e53.jpg
568_20150210081158340.jpg
573_20150210081159ccc.jpg
554_20150210081759f21.jpg
このモデルは正確にはH/Cではなくて、B・O・A・Cへの納入前の塗装で、一応、名称も“Prototype”となっています。
カラーリングは、垂直尾翼は大きく違っていますが、他は大体B・O・A・Cと同じで、ロゴが“Super VC-10”となっているだけのようです。

AeroClassicsのHPを見て驚いたのですが、“ARD(Aviation Retail Direct)UKとGulliver Japanのexclussive”となっています。ところが、私はどちらでもないアメリカのJサイトから購入しました。

“400 Scale Hanger Net”によれば、“Limited 408”のようですが、どういう経路を辿ってアメリカのJサイトにあったのか興味深いですね。

Super VC-10ですが、B・O・A・C(後にBritish Airways)とEast Africa航空、Royal Air Forceの3者しかユーザーがいなくて、前身のVC-10を含めても僅か64機しか製造されなかったという大失敗モデルです。

でも、私はこの水平リアに4発のエンジンを並べた、もう二度と現れることがないだろうというユニークな形状のこの飛行機が好きです。エアラインの歴史を彩る飛行機であることは間違いないと思います。VC-10よりもSuper VC-10の方がストレッチされている分かっこいいと思います。

旧ソ連のIL-62Mは、VC-10のコピー機で、むしろこちらの方が多く製造され(285機)、旧共産圏で多く使用されたのですが、水平尾翼がVC-10の方が何ともお茶目でユニークな形状をしており、気に入っています。
掲載モデル:
Vickers Super VC-10 “Prototype” AeroClassics 1:400(番号:3452)

152_201409020742547e6.jpg
152_201409020742547e6.jpg

156_20140902074255d2b.jpg
159_2014090207425635f.jpg
161_20140902074258825.jpg
162_201409020743185d4.jpg
機体が1:400のAeroClassicsのViscount-700で小さいうえにロゴも小さくて全然わかりませんが、後部ドアの右上に黒字で書かれているものです。

Expo 1967はカナダ建国100周年を記念して、モントリオールで1967年4~10月まで開催された第一種一般博で、62カ国が参加しました。
掲載モデル:
AIR CANADA Viscount-700 Expo 1967 AeroClassics 1:400(番号:3240)
236_201403291033287e0.jpg
240_2014032910332957f.jpg
242_2014032910333117a.jpg
247.jpg
249_20140329103333ff1.jpg
252_20140329103359b42.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。