YOKOHAMA AIRLINE MODELS

蒐集した3400機のエアラインモデル(カーゴ含む。ダイカスト製、プラスチック製)について掲載していきます。エアライン専門でミリタリーはないので、ご注意ください(軍用転用は含む。例 エアフォース・ワン)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっとホームページができました。「エアポートジオラマスタジオ」で検索していただくとヒットします。

ブログは個人的なものなので「YOKOHAMA AIRLINE MODELS」と「YOKOHAMA」をつけていたのでヒットしなかったと思いますが、「エアポートジオラマスタジオ」の方は確実にヒットします。

私が知る限り、日本で唯一の「エアポートジオラマスタジオ」&「エアラインモデルミュージアム」(多分3千機以上展示しているはずですが、正確な機数は私もわからなくなってしまいました。)だと思いますので、できるだけ多くの方にお越しいただきたいと願っております。

twitterでご案内している通り8月の営業日は全日一般見学日です(入場料:大人300円、中学生以下は無料、ただし、お子様だけの入場はお断りします)。

本日はデ・ハビランド DH88 COMETの写真をアップしました。

この飛行機はいわゆるレース機ですが、デ・ハビランド社は何故か“COMET”とい
う名前が好きで、ご案内の通り、世界で最初のジェット旅客機で、レシプロのライバルたちを凌駕したものの、空中分解事故を連続して起こした飛行機にも同じ“COMET”という名前をつけています。

そちらの方は正確にはDH106 COMETです。
おかげで、“COMET”だけではどちらの飛行機かわからないという、とても珍しいケースとなってしまいました。
(掲載モデル:De Havilland DH88 COMET GROSVERNOR HOUSE OXFORD 1:72)
021_20150806231137b91.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。