YOKOHAMA AIRLINE MODELS

蒐集した3400機のエアラインモデル(カーゴ含む。ダイカスト製、プラスチック製)について掲載していきます。エアライン専門でミリタリーはないので、ご注意ください(軍用転用は含む。例 エアフォース・ワン)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私としたことが(というほどの者ではありませんが)今までCARAVELLEを1機も掲載してこなかったことに最近気が付きました。

地味な初期のジェット機で大成功というほどでもなく、日本との関係も浅く、さほど早くご紹介するような存在でもないということが忘れていた要因だと思います。

CARAVELLEの生産機数は279機でそれほど多くはないのですが、機体、操縦系については、先に運航されていたCOMETのものを丸々流用し、しかも当時では革新的なリアエンジンを採用したことから、同型の後続の機種から特許料収入を得られたので商業的には世界で最初に成功したジェット機と言われています。

掲載したモデルはhoganの1:200のCARAVELLEⅢ(全体うち78機を占めた最量産機種で、しかもこれ以前の初期型の31機もこの型に改造されています)です。CARAVELLEは全部で12型あるのですが、ほとんどのモデルが“CARAVELLE”としか表示していません。

CARAVELLEは1:500をherpa、1:400をAeroClassicsが発売しています。

3800機くらい集めてきましたが、唯一パッケージの写真が気に行って購入したモデルにherpa1:500のTHAI INTERNATIONALのCARAVELLEのモデルがあります。

走行しているのかどうかわかりませんが、滑走路のCARAVELLEの前を象使いを乗せた象が悠然と歩いているという写真で、わざと撮影したものでなければすごい写真だなと思いました。
ショップに在庫があったら、見てください。
掲載モデル:
ALITALIA SUD AVIATION SE210 CARAVELLEⅢ hogan 1:200(番号:556)
018_20150128064908e29.jpg
019_20150128064910f70.jpg
024_2015012806491166b.jpg
027_20150128064912eb4.jpg
029_20150128064914943.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。