YOKOHAMA AIRLINE MODELS

蒐集した3400機のエアラインモデル(カーゴ含む。ダイカスト製、プラスチック製)について掲載していきます。エアライン専門でミリタリーはないので、ご注意ください(軍用転用は含む。例 エアフォース・ワン)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まさかこんなモデルが入手できるとは思っていませんでした。というか無知にもL-1649が日本に来ていたことも知りませんでした。

ネットで調べたところ1950年代後半から1960年代前半にかけてパリからアンカレッジを経て東京に来ていたようようです。一体何時間を要したのでしょうか。当時のレシプロ機による長時間飛行の負担は相当重かったでしょう。

しかし、当時海外に行ける人はエリートの中のエリートだったと思います。私が入社した1977年当時は、海外に行かれる方にお餞別をお渡しする習慣がまだ残っていました。

今年は2016年ですから、当時30歳代の搭乗者でも現在90歳代です。この飛行機に乗った方のうち何人がご存命なのでしょうか。

以前にも書きましたが、私は歴史が好きなのでエアポートジオラマスタジオにも「飛行機の歴史をモデルで辿る」という枕詞をつけています。

しかし、残念ながらお客様でプロップ機を見てくれる方は半分以下です。プロップ機の知識をお持ちの方は本当に少ないです。ジェット機でも興味を示されるのはB747以降のモデルの方が大半です。

特に私がエアポートジオラマスタジオを開設して予想外なのが、DC-8とYS-11のコーナーを見られる方がほとんどないということでした。

私が思うにDC-8の時代に海外に旅行あるいは出張された方の年代の方は、もう来店できるお歳ではないのかなと思います。当時の搭乗者は現在と全く異なり、エリートまたはお金持ちに限られていたでしょう。

私がコレクターとして活発に探し求めたYS-11も現在のお客様にとっては、過去の産物になってしまったのだと思います。

「ネットで写真が見られるじゃん」と言われるかもしれませんが、AIRLINERSNETにもこのL-1649の写真は2枚しかありません。しかも、モデルは写真と違っていろいろな角度から見ることができるのです。

また、他の飛行機との大きさの比較もできます。
因みに皆様が海外旅行に行かれるときに多く搭乗されるB777とこのL-1649では大きさはどのくらい違うのでしょう。データはネットですぐに調べられますが、それで大きさの違いの実感がわかるでしょうか。しかし、同スケールのモデルを並べてみれば、差は一目瞭然です。

エアポートジオラマスタジオでは1:200のLufthansaのL-1049とL-1649の展示品を4,500円で販売しているのですが、購入される方はいません。

初代「空の女王」のコニーや2代目のDC-8にも、もっと関心の目を向けていただけるとありがたいと思います。 まあエアラインモデルの世界は「美人と思えば美人」という人それぞれのものですから、仕方がないのかもわかりませんが・・・

しかし、あまりに狭い範囲でのモデル蒐集はすぐに限界に達します。日本のエアラインだけでなく、海外のエアラインも、リージョナル機も、プロップ機も、カーゴ機も、スケールの違い(単一のスケールで全機種を蒐集することはできません。)も、ダイカストに固執せずスナップフィットも・・・
そう、モデル蒐集の世界の奥行きに限界はないのです。

本日は珍しく熱く語ってしまいましたが、まあ、春の陽気のせいとお許しください。

(掲載モデル:AIR FRANCE/JAL L-1649 AeroClassics 1:400 販売価格3,300円)
P1010022(1).jpg
P1010023(1).jpg
P1010029(1).jpg
スポンサーサイト
L-749までが“Constellation”でL-1049が“Super Constellation”です。

L-749までは特に成功した飛行機ではなかったのですが、L-1049になって大成功モデルとなります。

掲載したモデルは同じLufthansaですが、最初のレジ:D-ALINは翼端に燃料タンクが追加されて、航続距離が延長され、大成功をおさめた“L-1049G”です。

2機目のレジ:D-ALUBはL-1649A“Starliner”です。
Lufthansaは“Super Star”と呼んでいたようです。
L-1049の後継機ですが、商業的には完全に失敗したモデルで、僅か44機の生産で終了しました。

もう1タイプL-1049Hというモデルがあるのですが、これについては次回掲載します。

簡単に、L-1049とL-1649のデータを記載します()内がL-1649です。
全長:37.5(35.1)m、全幅:34.7(45.72)m、全高:7.6(7.54)m、最大離陸重量:?(70,800kg)、乗客数:約80~100(99)名、生産機数:856機(L-1649を含めているのかはわかりません)
掲載モデル:
Lufthansa L-1049G herpa 1:200(番号:1830)
Lufthansa L-1649A WESTERN MODEL 1:200(番号:2301)
393_20140808060148b5c.jpg
395_20140808060149536.jpg
398_20140808060151624.jpg

401_2014080806015373a.jpg
404_20140808060154e44.jpg
409_2014080806035994c.jpg

412_20140808060400e4d.jpg
413.jpg
418_20140808060403534.jpg
420_20140808060404172.jpg
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。