YOKOHAMA AIRLINE MODELS

蒐集した3400機のエアラインモデル(カーゴ含む。ダイカスト製、プラスチック製)について掲載していきます。エアライン専門でミリタリーはないので、ご注意ください(軍用転用は含む。例 エアフォース・ワン)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地道にCONVAIRのプロペラ機の記事を掲載してきましたが、レシプロ機を語るうえではロッキードのConstellationシリーズを外すことはできません。
数回にわけてConstellationシリーズを特集していきます。

“Constellation”というと、一般的にはL-1049“Super Constellation”を指すと思うのですが、初期型はこのL-049です。

とにかくこの“Constellation”の独特のデザインに対しては好き嫌いが分かれると思います。
日本ではそもそもあまり馴染みのない飛行機なので、あまり人気はないと思いますが、アメリカではDC-8以前にこの“Super Constellation”が“空の女王”と呼ばれていました(愛称:Connie)

L-049は88機生産されましたが、第二次世界大戦と重なったために14機は軍用輸送機“C-69”でした。

L-049はその後-769、-1049、-1649と発展していきますが、最終型の-1649はすでに時代遅れの産物となっていました。

簡単に、L-049のデータを記載します。
全長:23.09m、全幅:37.49m、全高:7.2m、最大離陸重量:39,122キログラム
掲載モデル:
Delta L-049 Constellation AURORA 1:400(番号:2124)
334_2014080606453671d.jpg
335_201408060645372e4.jpg
340_20140806064539569.jpg
342_20140806064540f08.jpg
344_2014080606454136f.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。