YOKOHAMA AIRLINE MODELS

蒐集した3400機のエアラインモデル(カーゴ含む。ダイカスト製、プラスチック製)について掲載していきます。エアライン専門でミリタリーはないので、ご注意ください(軍用転用は含む。例 エアフォース・ワン)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このモデルが発売されるまでは、DC-3からだと思っていました。DC-2があるなんて知りませんでした。
DC-2はダグラス社とTWAが共同開発した飛行機です。

もちろんDC-2の改良型がDC-3です。簡単に両機のデータを記載します。( )内がDC-3です。
全長:19.1m(19.66)、全副:25.9m(28.96)、全高:4.8m(5.16)、最大離陸重量:?(12,700kg)乗客:14名(通常:21名 最大:32名)、生産機数:156機(1万機以上)

断定したことは言えませんが、DC-3は史上もっとも多く生産された旅客・輸送機ではないでしょうか。ちょうど第二次世界大戦と重なり、主力の軍用輸送機として製造されたという事情もあるでしょうが・・・

機体に“The Lindbergh Line”と書かれているのは、あの有名な飛行家のチャールズ・リンドバーグが技術顧問をしていたことに由来しています。

先日、羽田空港で開催されている北原コレクションを観に行ったのですが、DC-1が展示されていました(もちろん、ダイカスト製ではありません。)
掲載モデル:
TWA(The Lindbergh Line) DC-2 HOBBYMASTER 1:200(番号:1181)
513_201408030620351c1.jpg
515_2014080306203859f.jpg
519_201408030620394c1.jpg
521.jpg
525_20140803062043d42.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。