YOKOHAMA AIRLINE MODELS

蒐集した3400機のエアラインモデル(カーゴ含む。ダイカスト製、プラスチック製)について掲載していきます。エアライン専門でミリタリーはないので、ご注意ください(軍用転用は含む。例 エアフォース・ワン)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CV-240/340/440/580シリーズの最後に初期モデルのCV-240について記載します。
CV-240は、全長:22.80m、全幅:28.00m、全高:8.20m、乗客数:最大40名、生産機数は176機でした。

第1回目にご紹介したCV-340の全副/全長=1.16に対して、CV-240は同1.29ですので、本当に胴体に対して主翼が長く感じられます。
ちなみにYS-11も同1・22ですので、結構主翼が長い飛行機です。

モデルのエアライン名は、この当時はまだ“PAN AM”ではなく“PAN AMERICAN WORLD AIRWAYS(PAA)”のようでしたので、タイトルもそのようにしました。

私は全く知らなかったのですが、7月30日の記事でANAがCV-440を2機運航していたと書きましたが、CV-240は日本では北日本航空他5エアラインで計17機運航されていたとのことで、CV-440よりずっと馴染みのある飛行機だったのですね。

モデルメーカーの記載はありませんが、1:400のCV-240を発売しているのはAeroClassicsだけですので、それで間違いないと思います。
モールドは、多分胴体は同じだと思いますが、翼面積がCV-240は75.9㎡、CV-440は85.5㎡で、このあたりをきちんと変えてきている点は、いかにもAeroClassicsらしいと思いました。

掲載モデル:
PAN AMERICAN WORLD AIRWAYS(PAA) CV-240 AeroClassics? 1:400(番号:3457 以前から持っていましたが番号を付けていませんでした)
364_20140801063948110.jpg
366_20140801063950d67.jpg
370_20140801063952ec7.jpg
373_20140801063953e2e.jpg
375_201408010639540d9.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。