YOKOHAMA AIRLINE MODELS

蒐集した3400機のエアラインモデル(カーゴ含む。ダイカスト製、プラスチック製)について掲載していきます。エアライン専門でミリタリーはないので、ご注意ください(軍用転用は含む。例 エアフォース・ワン)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今まで掲載してなかったCONVAIRのCV-240/340/440/580のプロップ機のシリーズを連載したいと思います。

本日はタイトルのモデルをご紹介します。
CV-340は、CV-240の胴体を1.3m延長した44名乗りのレシプロ双発機で、212機生産されました。

本当はCV-240から掲載すべきなのでしょうが、CV-240のモデルはAeroClassicsから発売されている1:400のモデルだけだと思いますので、写真が少し辛いので、CV-340を先行しました。

CV-340は胴体を延長しているので、あまり目立ちませんが、CV-240は現在の飛行機と比べると、機体の長さの割に異様に主翼が長い気がします。

CV-340は、全長:24.1m、全幅:28.0mです。
因みにYS-11はターボプロップ双発機ですが、全長:26.3m、全幅:32.0m、乗客:56~64名で、CV-340より一回り大きい感じです。

掲載モデル:
Lufthansa CV-340 herpa 1:200(番号:3438 以前から持っていましたが番号を付けていませんでした)
469.jpg
470_20140729061810205.jpg
473_20140729061811e36.jpg
476_20140729061813685.jpg
479_20140729061814164.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。