YOKOHAMA AIRLINE MODELS

蒐集した3400機のエアラインモデル(カーゴ含む。ダイカスト製、プラスチック製)について掲載していきます。エアライン専門でミリタリーはないので、ご注意ください(軍用転用は含む。例 エアフォース・ワン)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今まではブログは別に写真を撮影して記事を書いていたのですが、最近ヤフオクに出品するようになって、とても別々に写真を撮影して掲載する時間がありません。

これからは同じ写真をブログに掲載することにしました。

メーカーの記載はありませんが、多分JCWINGSです。

話は変わりますが、4月1日に掲載した SWISS Bombardier CS100 herpa 1:400ですが、外箱には“Limited Edition”と書いてあるのに、もう追加注文の予約をしています。

これは明らかにコレクターに対する裏切り行為です。
本当にスタンドの別売りに加えて、最近のherpaは信用できないメーカーになってしまいました。
P1010132(2).jpg
P1010133(2).jpg
P1010139(2).jpg
P1010143(2).jpg
スポンサーサイト
本当に久しぶりにMRJが新規受注を獲得したというニュースがありました。
しかし、まだ、採算ラインといわれる500機の半分にも達していないのではないでしょうか。

やはりERJ、CRJの壁は厚いと思います。
加えて、スホーイスーパージェット100や中国のリージョナルジェットも“広い国土”という基礎票がありますので、侮れないです。

特にエンブラエルは日本では川崎重工との関係が深いので、日本でも一丸となってMRJを推進するという状況ではないと思います。

さて、ERJ-145は、エンブラエル社を今や世界最大のリージョナルジェット機メーカーに成長させる原動力となった重要な飛行機です。

ずっと左下のカテゴリにERJ-145の名前がないのが気になっていたのですが、1:500や1:400ではさすがに写真が厳しいと思っていました。
やっと1:200のモデルをしまった所が見つかったので、本日記事を掲載することができました。
短胴型の-135も含めるとERJ-145のモデル自体は15機持っています。

千機の生産実績があるようですが、現在は-170、-190に生産は移行していて、ブラジル国内では、製造されていないと思います。

乗客数は50名ですが、飛行機の技術的なことは何もわかっていない私には、片側1列、反対側2列でどうやって飛行機の重量バランスを保っているのか不思議でなりません。
掲載モデル:
UNITED EXPRESS ERJ-145 Gemini 1:200(番号:2247)

543_2014071708542871b.jpg
547_20140717085430a80.jpg
550.jpg
552_2014071708543292e.jpg
554_201407170854344a9.jpg
本日も9/4の記事に続いて、virgin groupの失敗例をご紹介します。このAIR NIGERIAですが、2003年に運航停止したNigeria Airwaysに代わって、virgin atlanticが49%出資してVirgin Nigeria Airwaysを設立し、2005/6に運航を再開しました。

しかし、結局うまくいかず2009/9に規模を大幅に縮小し、エアライン名もAIR NIGERIAに変更しました。どうしてこんなところにまでvirgin groupが手を出したのかよくわかりませんね。

Virgin Nigeria Airways時代のモデルは見つからなかったので、仕方なくこのAIR NIGERIAのERJ-190のモデルの写真を掲載しました。
綺麗なデザインなのですが、herpaのW/Cモデルなので1:500で4200円もしてしまったのは、少し痛かったです。
掲載モデル:
AIR NIGERIA ERJ-190 herpaW/C 1:500(番号:3015)
182_20130906215341f09.jpg

186_20130906215344f16.jpg
193_2013090621534501e.jpg
195.jpg
199_20130906215348e4a.jpg
最初は“いいな!”と思ったデザインでも、さすがに私がエアラインモデルの蒐集を始めてから7、8年間、一度も変更がないと、さすがにモデルを購入する気がなくなってしまいます。

その代表例として、大変申し訳ないですが、AIR CANADAの通常塗装をあげさせていただきます。繰り返しますが、いいデザインだとは思うのです。ただ、見飽きただけです。どうやらB787-8でも変更しないようです。

写真のERJ-190のダイカストモデルは現在では、herpaの1:500が少し前からとGeminiの1:200がつい最近発売されましたが、当時はダイカストモデルは、1:500と1:400のERJ-145とherpaの1:500のERJ-170しかなかったので、米国のサイトを捜して購入した1:100のSNAPFIT MODELです。

同時に掲載した、対照的にど派手なモデルは65周年塗装です。といっても2002年のモデルですが。

どちらかというと、左下のERJのカテゴリが“0”のままになっているのが気になっていて、無理やり本日のテーマで記事を書いたとうようなものですが・・・
掲載モデル:
AIR CANADA ERJ-190 1:100 SKYMARKS SNAPFIT MODEl(番号:848)
AIR CANADA A320 65th DRAGON 1:400(番号:1641、2929 これも間違って2機買ってしまいました。)
069_2013080307573224b.jpg
074_2013080307573489e.jpg
077_20130803075735106.jpg
018_2013080307575955e.jpg
023_20130803075800a20.jpg
025_201308030758022a8.jpg
029_2013080307580487d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。