YOKOHAMA AIRLINE MODELS

蒐集した3400機のエアラインモデル(カーゴ含む。ダイカスト製、プラスチック製)について掲載していきます。エアライン専門でミリタリーはないので、ご注意ください(軍用転用は含む。例 エアフォース・ワン)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
L-1049HはL-1049に貨物搬出入用のドアを取り付けたモデルのようです。

Super Constellation Flyers Associationはこの機体の維持を図っている組織と思われますが、機体に“BRITLING SUPER CONSTELLATION”のロゴが描かれているように、パイロット用腕時計の草分けメーカー“BRITLING”社が中心となっているものと思われます。

私も勤続への自分のご褒美に(中途退職ですが・・・)“BRITLING”の“クロノマット”を買いたいのですが、あまりに高価なので、まだ買う決心がついていません。

なお、このモデルのレジは“N75544”ですが、現在は“HB-RSC”(スイス)に変更されており、herpaの1:500では両方のレジの製品があります。
掲載モデル:
Super Constellation Flyers Association L-1049H hogan 1:200(番号:2411)

379_20140809074451c8f.jpg
381_201408090744536d8.jpg
383_20140809074454e71.jpg
387_2014080907445593e.jpg
388_201408090744569b5.jpg
390_20140809074521201.jpg
スポンサーサイト
“Blue Angels”は言うまでもないですが、アメリカ海軍の曲芸飛行隊で、日本の“Blue Impulse”にあたります。

実は私はいわゆる航空ショーに行ったことがないので、Blue Impulse”の曲芸飛行も見たことがありません。

左下のカテゴリに今までL-1049がなかったのですが、これもL-049からの歴史を辿ってみたいと思っていました。

もちろん、“Blue Angels”のサポート機は、現在ではC-130になっています。
このC-130のモデルも持っていますので、いずれご紹介したいと思います。
掲載モデル:
U.S.NAVY L-1049 “Blue Angels”AeroClassics 1:400(番号:2693)

281_20140630083834c6e.jpg
283_20140630083836cac.jpg
285_20140630083837d20.jpg
287_20140630083839551.jpg
291_201406300838407f8.jpg
292_201406300839073f6.jpg
293_2014063008390815e.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。