YOKOHAMA AIRLINE MODELS

蒐集した3400機のエアラインモデル(カーゴ含む。ダイカスト製、プラスチック製)について掲載していきます。エアライン専門でミリタリーはないので、ご注意ください(軍用転用は含む。例 エアフォース・ワン)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AeroClassicsがFH-227というモデルを発売していたことは知っていましたが、どうせCL-4(=DC-4)と同じで中身はF-27だろうと思っていました。

でもサイトの写真を見ているとどうも感じが違うので調べてみたら、米国のFairchild Hiller社がF-27をベースに独自に開発した飛行機だったのですね。

簡単に言えば、F-27の長胴型になるようです。両機のスペックを比較しますと、()内がF-27(200)
乗客:52名(44名:F-27-100)全長25.5m(23.5m)全幅29.0m(同左)()最大離陸重量:20,600kg(19,050kg)エンジン:ロールス・ロイスダートMk5327Ls(Mk528)双発、です。

そしてF-27が580機生産されたのに対して、FH-227はF-27と合わせて206機生産されたということまでしかわからないので、単体での生産機数は不明ですが、ライセンス生産のわりにはかなりの数が生産されたのだろうと思います。

さて、その後のFairchild Hiller社ですが、1996年にDornier社を買収して、Fairchild・Dornier社となったものの業績不振で2002年に経営破綻してしまいました。

どうもこのあたりが、「航空機から入るのではなく、航空機のモデルから入る」私の知識のないところですね。

いつものように、比較のための竹串ではなくてモデルが小さいので爪楊枝付き写真も掲載しました。
掲載モデル:
NORDAIR FH-227 AeroClassics1:400(番号:3632)
BONANZA AIR LINES F-27同上(番号:2565)
422_20150227070725b34.jpg
427_20150227070727ffe.jpg
429_20150227070729615.jpg
435_20150227070730aa6.jpg
440_2015022707073250e.jpg
スポンサーサイト
左下のカテゴリを見ていてFokkerのところにF-27とF-28がないのに気付きました。
私が蒐集を始めた頃はF-27はAeroClassicsが第一弾を発売した後、かなり期間を経ていたので求めるのに苦労しました。

現在はアエロから第二弾が発売され、H0BBYMASTERの1:200も発売されているので容易に蒐集できるモデルになりました。

F-28の方は、やはりAeroClassicsが第一弾を発売した後に再発売されていないので、現在蒐集するのは結構大変かもしれません。

2機目のANAは米国Eサイトの“exclusive”なので、日本のショップでは購入できません。

残念ですが、私はF-27 Freindshipには乗った記憶がありません。

そのうちF-28のモデルも段ボール箱の山の中から見つけ出して掲載したいと思います。
掲載モデル:
Fokker F-27 Freindship OZARK H0BBYMASTER1:200(番号:3343)
同上 ANA(レジ:JA8602) AeroClassics 1:400(番号:2355)
285.jpg
290_201404270906574e6.jpg
293_20140427090658858.jpg
296_20140427090700930.jpg
300.jpg
573_20140427090805ea2.jpg
574.jpg
578.jpg
581.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。