YOKOHAMA AIRLINE MODELS

蒐集した3400機のエアラインモデル(カーゴ含む。ダイカスト製、プラスチック製)について掲載していきます。エアライン専門でミリタリーはないので、ご注意ください(軍用転用は含む。例 エアフォース・ワン)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっとホームページができました。「エアポートジオラマスタジオ」で検索していただくとヒットします。

ブログは個人的なものなので「YOKOHAMA AIRLINE MODELS」と「YOKOHAMA」をつけていたのでヒットしなかったと思いますが、「エアポートジオラマスタジオ」の方は確実にヒットします。

私が知る限り、日本で唯一の「エアポートジオラマスタジオ」&「エアラインモデルミュージアム」(多分3千機以上展示しているはずですが、正確な機数は私もわからなくなってしまいました。)だと思いますので、できるだけ多くの方にお越しいただきたいと願っております。

twitterでご案内している通り8月の営業日は全日一般見学日です(入場料:大人300円、中学生以下は無料、ただし、お子様だけの入場はお断りします)。

本日はデ・ハビランド DH88 COMETの写真をアップしました。

この飛行機はいわゆるレース機ですが、デ・ハビランド社は何故か“COMET”とい
う名前が好きで、ご案内の通り、世界で最初のジェット旅客機で、レシプロのライバルたちを凌駕したものの、空中分解事故を連続して起こした飛行機にも同じ“COMET”という名前をつけています。

そちらの方は正確にはDH106 COMETです。
おかげで、“COMET”だけではどちらの飛行機かわからないという、とても珍しいケースとなってしまいました。
(掲載モデル:De Havilland DH88 COMET GROSVERNOR HOUSE OXFORD 1:72)
021_20150806231137b91.jpg
スポンサーサイト
デ・ハビランドDH.80A PUSS MOTH(小娘蛾)は1929年から33年まで284機製造された高翼・単葉機で、当時としては最高の性能の飛行機でした。

1機目が有名な女性飛行家“Amy Jhonson”の使用機(レジ:G-AAZV)です。数々の飛行記録を作った女性飛行家のようですが、詳細はネットでお調べください。

2機目はRAFのモデルで、第二次世界大戦中も“PUSS MOTH”は通信機として使用されたようです。
掲載モデル:ともにOxfordの1:72です。
デ・ハビランドDH.80A PUSS MOTH “Amy Jhonson”(番号:3280)
同上 RAF (番号:3478)

031_20140923080633e85.jpg
034_20140923080635175.jpg
039_20140923080636a1f.jpg

046_2014092308063788c.jpg
052_20140923080701308.jpg
053_201409230807025fd.jpg
056_20140923080704331.jpg
059_20140923080710146.jpg
26年3月2日のDH.89DRAGON RAPIDEに続くデ・ハビランドの複葉機シリーズです。
TIGER MOTH(ヒトリガだそうです)は1931年に初飛行した全木製の練習機だそうです。

私は複葉機時代の知識がまるでないので、調べてみて驚いたのですが、8千機以上製造されていて、現在でも飛行可能な機体がかなり残っているそうです。
掲載モデル: いずれもOXFORDの1:72です。
デ・ハビランドDH.82A TIGER MOTH RAF(番号:3279)
同上 BROOKLANS AVIATION(番号:2965)

289_201404090732437e5.jpg
293.jpg
294_2014040907324658c.jpg
302_201404090732494bc.jpg
299_20140409073248728.jpg
303_20140409073327e39.jpg
306_20140409073328932.jpg
311_2014040907332939a.jpg
312.jpg
317.jpg
デ・ハビランドDH.89DRAGON RAPIDEは1930年代にイギリスの航空機メーカー、デ・ハビランド社が製造した木製の複葉機で、旅客機(乗客:最大8名)として使われていました。

第二次世界大戦が始まると、イギリス空軍の航法訓練機として使用され、大戦後もまた旅客機として活躍し、最終的には800機以上生産されたようです。

写真の1機目が多分イギリス空軍の航法訓練機として使用されたものだと思われます。イギリス空軍のマークが機体に描かれています。

2機目の写真が、戦争前か後かはわかりませんが、旅客機として使用されたもので、エアラインはBEA(BRITISH EUROPEAN AIRWAYS)です。
こちらの方は上方の主翼に小さなプロペラが付属しているのですが、一体どんな意味があるのか、よくわかりません。

私は、この“OXFORD”というメーカーのモデルはこのモデルで初めて購入したのですが、元々はミリタリのメーカーのようですね。ミリタリ音痴の私にはどんなメーカーなのかよくわかりません。

しかし、私は多分巣鴨のG店さんで買ったと思いますが、結構立派なケース入りでアメリカのEサイトでは$39.95で販売しています。これだけ手の込んだモデルをこの価格で販売してしまうというのは、本当にすごいと思います。

このモデルはコレクターとして十分手元に置いておく価値はある(=とにかく類似のモデルがない、時々箱から出して手にとって見ていると楽しい)と思いますので、お勧めの一品です。
掲載モデル:
DH.89DRAGON RAPIDE HG691 OXFORD 1:72(番号:3261)
同上 BEA(BRITISH EUROPEAN AIRWAYS) G-AFEZ
OXFORD 1:72(番号:2333)
006_20140302075939bdd.jpg
009_20140302075941ae5.jpg
011_20140302075944572.jpg
009_2014030208003333f.jpg
011 - コピー
011_20140302080037e46.jpg
014_2014030208003980c.jpg
017_20140302080041a01.jpg
021_2014030208011341b.jpg
023_20140302080115859.jpg
029_20140302080117b0b.jpg
031_2014030208011925d.jpg
033_201403020801226f4.jpg
058_20140302080205dd3.jpg
061_20140302080207030.jpg

写真映りがあまり良くなくて大変申し訳ないのですが、このCometの記事はどうしても載せたくてアップしました。

 

Cometに関する詳しいことはインターネットでいくらでも調べられますので、詳しいことは省きますが、とにかく世界で最初のジェット旅客機であり、空中分解事故を起こして、飛行停止を余儀なくされ、結果短命に終わってしまった飛行機です。

 

何と言っても、この形状に注目してください。主翼懸架式が主流の今でこそ「胴体と主翼の繋ぎ目にエンジンを配置すれば、空中分解をしても不思議ではない」と言ってしまえるのでしょうが、Cometの初飛行は1949年です。今から64年前です。

 

この当時のコンピューター(が存在したのかどうかも知りませんが・・・)の能力は、今のパソコンをはるかに下回るものだったと思います。そのことを考慮すれば、世界で最初のジェット旅客機がこのような形状を選択したことも、その結果、空中分解事故を起こしたとしてもやむを得なかったのかなと思います。

 

さて、モデルですが、一番目のものはComet3です。Comet3は実機は1機だけです。Comet3は世界で初めて世界一周を成功させたジェット旅客機です。次にご紹介するComet4BとComet3は全長などが多少違っているのですが、多分モールドは同じものだと思います。

 

私にとっては、このComet3はどうしても欲しい1機でした。何と言っても世界で最初のジェット旅客機で、実機が1機しか存在しない、ということはコレクターとして見逃すことができないものでした。

 

日本ではどうしても見つからず、EBAYで購入しました。AeroclassicsのHPでは、2006年の発売になっています。“0368 of 504”のcard付です。

 

2番目がBEAのComet4Bで、このタイプが空中分解事故を起こしたものだと思われます。そして一般的にCometというと、このカラーリングが最も馴染みがあるのではないでしょうか。こちらは“336 of 360”のcardが付いています。こちらは2007年の発売です。

 

最後が2008年発売のM・E・AのB・O・A・C塗装のComet4Cです。形状的にはこの4Cの方が馴染みが多いかもしれません。というのはherpaが発売している1:500のCometはこの4Cだからです。主翼に増槽が付けられていますので、すぐに4Bか4Cか外形で判断できます。

 

掲載モデル:

Aeroclassics 1:400 D.H.Comet3 BRITISH EUROPEAN AIRWAYS(番号:180)

Aeroclassics 1:400 D.H.Comet4B BRITISH EUROPEAN AIRWAYS(番号:2465)

Aeroclassics 1:400 D.H.Comet4C M・E・A(B・O・A・C塗装)(番号:1166)

 

 021_20130310045647.jpg  024_20130310045753.jpg 199_20130310051402.jpg 205_20130310051403.jpg
001_20130310045645.jpg 054_20130310045818.jpg 065_20130310045819.jpg 052_20130310051521.jpg
002_20130310045749.jpg 005_20130310045750.jpg 015_20130310045751.jpg 020_20130310045752.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。